暗号通貨勉強会:ビットコインETFと9月増資ブロックチェーン系米国ベンチャー

今週末の暗号通貨勉強会で話す内容です。日本時間10/24 11amより

ビットコインETF

10月19日にビットコイン先物ETFの取引が始まった。米国では初の暗号通貨系ETFとなる。今回のETFはビットコインそのものではなく、先物が対象。その理由は

1)「ビットコインの価格」はどの取引所のものかによって最大5%の開きがあるが今回のETFの対象はシカゴ先物市場で取引されているので価格が一意に定まる。

2)ビットコインそのもののやりとりをベースにするとカストディ等の問題があるが、先物取引は通常の取引方法なので安心

ということのようだ。ティッカーはBITO。運用しているProshares社によれば初日だけで$1Bの取引だかがあったとのこと。その取引サイズの小ささからほとんどがリテール投資家から来ていると推定されている。これを受けてビットコインの価格も上昇し、20日には$66,999となり4月の最高値$65,000弱を凌駕して史上最高額となった。

さらに10月22日にはValkyrie社が運用するビットコイン先物ETFの取引開始も予定されている。

9月増資米国ブロックチェーン系ベンチャー

Genesis Digital Assets

  • 9月増資額:$431M

2013年に創業したニューヨークの会社で、主に米国でビットコインのマイニング。

アメリカのビットコインマイニング会社としてはすでにRiotとMarathonの2社が上場、加えてCore ScientificがSPAC合併で上場予定となっている。

今年になって中国が国内でのマイニングを禁止したせいで、2018年には74%もあった中国のシェアは急落しほぼゼロに、今年8月時点ではアメリカが35%で世界最大のビットコインマイニング国になった。(2位は、中国のマイナーが多数移動していったカザフスタン、3位はロシア、以下カナダ、アイルランド、ドイツと続きます。)

Genesis Digital Assetsではなるべくクリーンな発電所の近くにマイニング施設を作っていく予定とのこと。

Ava Labs

  • 9月増資額:$230M

ファイナンス用高速ファーストレイヤー、Avalancheの開発元。メインネットを2020年9月にローンチ。その2ヶ月前に行ったトークンセールでは$42Mが5時間で売り切れた。Avalancheは4500 TPS、ファイナリティに至る時間は3秒としている。AvalancheはExchange Chain (X-Chain)、Contract Chain (C-Chain)、Platform Chain (P-Chain)の3つのチェーンからできている。X-Chainがデジタルアセット(株・債券など)を発行するチェーン、C-ChainはEVMのAvalancheバージョン、P-Chainはバリデータのコーディネーションとサブネット生成に使わる。3つに分けることでフレキシビリティ、スピード、セキュリティのいずれをも最適化できるとしている。

Blockdaemon

  • 9月増資額:$155M

ブロックチェーンノード運用

Abra

  • 9月増資額:$55M

暗号通貨ウォレット

Ripio

  • 9月増資額:$50M

ラテンアメリカ向け暗号通貨ウォレット

Recur

  • 9月増資額:$50M

NFTプラットフォーム

Zero Hash

  • 9月増資額:$35M

暗号通貨セトルメント

Blockware Mining

  • 9月増資額:$34M

ビットコインマイニング

Inveniam Capital Partners

  • 9月増資額:$25M

金融ブロックチェーン開発インフラ

SIMBA Chain

  • 9月増資額:$25M

Dapp開発プラットフォーム

Amberdata

  • 9月増資額:$15M

暗号通貨市場データ

Metrika

  • 9月増資額:$14M

ブロックチェーン・インテリジェンス

Zebedee

  • 9月増資額:$11.5M

ゲーム内ビットコインペイメント

Roll

  • 9月増資額:$10M

コミュニティ向け暗号通貨発行プラットフォーム

Floating Point Group

  • 9月増資額:$10M

暗号通貨注文ルーティング

暗号通貨勉強会:7-8月資金調達米国ベンチャー

Photo by Markus Winkler on Unsplash

7-8月に$10M以上資金調達した米国のブロックチェーン系ベンチャーの中から「ブロックチェーン活用モバイル送金」と「暗号通貨をインセンティブに使うIoT用無線ネットワーク」の二つを紹介します。最後にこれ以外で資金調達したベンチャーの一覧もつけておきます。

続きを読む

暗号通貨勉強会:ハードフォーク

Photo by Remi Moebs on Unsplash

暗号通貨のネットワークをアップグレードするには、ネットワークを運用しているノードオペレータがみな新しいプロトコルを利用するようになる必要がある。しかし、そこで一部のノードオペレータだけが新しいプロトコルを取り入れ、残りがそれを拒否するとどうなるのか?そこでなんと新しいトークンが発生してしまうのです。要はコードベースが二股に分かれるので、これをハードフォークと呼びます。

続きを読む

暗号通貨勉強会:ブロックチェーンにデータを提供するオラクルについて

Photo by Ouassima Issrae on Unsplash

今週末にClubhouseで行う暗号通貨勉強会のテーマは「オラクル」。データベース会社のオラクルではなくて、ブロックチェーンにオフチェーンの情報をフィードする存在のことです。

8/29にClubhouseで行った暗号通貨勉強会の予習ネタです。勉強会は隔週で週末開催です。

続きを読む

暗号通貨勉強会:DeFiの基本概念の整理ーAMM・イールドファーミング・リクイディティマイニング

Photo by Joshua Lanzarini on Unsplash

出版・報道・メディア界は90年代後半からの10年間でインターネットに蹂躙されて全く違うものに(少なくともアメリカでは)なってしまったのだが、今後10年の間に同じようなことが金融界で起こっていく。金融業が無くなるわけでも今ある金融企業が全てなくなるわけでもないが、今3万人かけてやっていることが300人でできてしまうとか、1兆円の手数料収入のパイが100億円になってしまうとか、そういうことがあちこちで起こるだろう、と。そして暗号通貨界では、現在の金融の仕組みを要素まで分解してそれを分散型に再構築するDeFi (Decentralized Finance)の試みがすでにたくさん起こっている。以下DeFiの基礎となるいくつかの概念とそれを実際に行なっているプラットフォームをリストアップしてみました。

この内容は、今週末のClubhouseの暗号通貨勉強会で話し合う予定です。

Clubhouseリンク (勉強会は西海岸 8/13金曜7pm 日本 8/14土曜11amより)

続きを読む

暗号通貨最近のニュース: Binance・Circle・Bullish・中国のビットコインマイニング禁止

Photo by Headway on Unsplash

今週末のClubhouseでの暗号通貨勉強会で話す話題です。

  • Binance、イギリスでの事業が実質上不可能に
  • ステーブルコインUSDCを発行するCircleが上場予定
  • EOSのBlock.oneがローンチ予定の取引所Bullishも上場予定
  • 中国のビットコインマイニング禁止とその考察
続きを読む

Ethereumの暗黒森林とMEVそしてFlashbots

Photo by JOHN TOWNER on Unsplash

「暗黒森林」はスペースオペラ超大作SF「三体」の2作目のタイトルにして作品が提唱する宇宙社会学的哲学的真理でもある。それは「宇宙には、膨大な空間と時間に隔てられている多数の文明があり、全体として資源には限りがあるにも関わらず、個々の文明は常に拡大している。結果として文明間の競争は熾烈で、文明はその存在を明らかにしただけでより高度な他の文明の攻撃を受けて壊滅する」というもの。

そしてEthereumのコンセンサスシステムも同様な熾烈な競争にさらされている。以下テクニカルですが問題の背景と現在取られつつある対策について説明します。

続きを読む