アメリカのソフトウェアエンジニア(等)の給与相場の調べ方

Facebookで質問されたので、アメリカの給与相場の情報ソースをいくつか列挙。

2007年にサンフランシスコの対岸にある風光明媚なサウサリートで起業したGlassdoorのサイト。ユーザが自分の会社やCEOのレビューを投稿できるUGC型で、これまでに6百万件、50万社の情報が集まっている。15−30%のレビューはGlassdoorコンテンツ評価チームが拒否することで、クオリティを保っている、と会社側は言っている。会社側はフィーを払ってオフィシャルな情報を提供したり求人広告を出すことができる。これまでに90億円超を調達

で、このglassdoorのサイトで、Salariesをクリックし、software engineer、San Francisco、などと入れると全国平均とその都市の属するエリアの平均給与が出てくる。

続きを読む

シリコンバレーのエンジェル投資が優れているたった1つの理由

タイトルは冗談です。一度こういうタイトルをつけてみたかっただけw。でも、以下はまじめに、シリコンバレーのエンジェルは多ベンチャーに投資しているが1件当たは割合小額、という話。


最近シリコンバレーではエンジェル投資で50万ドル、100万ドルと調達するベンチャーが多々ある。「きっとみんなお金持ちだから1人でそれだけ出す個人投資家がたくさんいるのだろう」と思うかもしれない。でも、そんなことはなくて、エンジェルの一社当たり投資額は2万〜5万ドル(2〜5百万円)程度、ちょっと多めで10万ドルくらいなのが一般的だったりする。

一方で、大規模なベンチャーキャピタル(VC)ファンドでも小額投資をするケースや、アーリーステージに特化した小規模なファンドも増えて来ており、そういうところは一件当たり10万ドル〜40万ドルくらい出資することが多い。

なので、ベンチャー側は、そうした人やファンドをかき集めてがんばって資金調達しているのであった。

Secretの場合

では、最近の例を見てみましょう。

続きを読む

ヨミウリ・オンライン:WhatsApp1兆9千億円はお安いのかも

ヨミウリ・オンラインにコラムが掲載されました。「月間アクティブユーザ(MAU)一人当たりの値段」でFacebook、Twitterその他諸々のSNS的な会社と比較すると、WhatsAppは安いんじゃないか!という内容です。

さて、記事には入れなかったけれど、違う業種でも「ユーザ一人当たり企業価値」を計算してみたので以下ご紹介します。

Netflix $600

まずは割合近い業界でNetflix。DVDの通販レンタル転じて動画配信を行う有料会員サービスの会社でございます。企業価値が268億ドル、昨年末時点での会員数が4400万人なので、1ユーザ当たりのお値段は約600ドル。1ユーザ平均、年間100ドル以上を会費として払うことを考えれば納得価格・・・かな?

続きを読む

図解 日米IT企業サイズ比較

ヨミウリ・オンラインにコラム「こんなに違う!「図解 日米IT企業比較」が掲載されました。

チャートで見る日米IT企業比較ということで、時価総額、売上高、創業年で4つチャートを作り、それを説明したもの。

なお、読売の本文に掲載しなかった「あまりチャート」もいくつかあるので以下ご紹介!

まずは日米IT企業社員数を比較。創業年を横軸、社員数を縦軸にしたもの。

 

(クリックで拡大します)

続きを読む

ヨミウリ・オンライン:コスメのUrban DecayとCiscoは同じ女性が創業

6a00d8341c3b6353ef01a51129911a970c-800wi
Urabn Decayはそのパンチの効いた配色でカルト的ファンをもつコスメブランド。ここ数年は「Naked」というアイシャドウ12色パレットが大人気で、写真の通りSephoraではクリスマスで売り切れ。

で、そのUrban Decayと、ネットワーク機器という超男社会的Ciscoは同じ女性が起業した、という話を読売オンラインに書きました(どちらも共同創業者ですが)。

前回、フェミニズムチックな話を書きましたが、80年代にネットワーク機器会社起業した女性って中々すごいかも。よろしかったら読んでみてください。

読売オンライン:次は何する?サンディ・ラーナー

Mad Menと性転換者の体験談に見る女性蔑視

「女性として理系の大学に行って、総合職で就職して、その後のキャリアを作るのは大変でしたか?」的な質問を時々されるのだが、いやー、全然(笑)と大体いつも答えていて、だってですね、

  • 大学はペーパーテストだけだから男女関係ないし、それ以降は「男社会の中で珍しい」ということでむしろ得をしてきた気がする
  • そもそも男になったことがないから、男だったら優遇されたかどうかわからない

もちろん、世の女性が仕事の場で差別されることがあるのは「統計的な情報」としては理解しているが、それが私個人と関係あるかは別問題。・・・・と思って来たのだが、最近2つほど「もしかして違うかも」と今更ながら思わせられることがありました。

続きを読む

書評:ビッグデータの覇者たち

去年の7月に本をいただいたんですけど、今頃になってしまいました。非常に、非常に遅ればせながら書評です。

ビッグデータ、ああビッグデータ。軍事防衛からオンラインショッピングまで、地球上の出来事のほとんどが関係してくるビッグデータ。そんなビッグデータを、誰にでもわかるように解説した本がこの「ビッグデータの覇者たち」。データにどんなものがあるか、現実にどんな風にビッグデータが活用されているか、そのための技術にどんなものがあるか、プライバシーは今後どうなって行くのか、などなど、いろいろな側面から書かれている。

続きを読む

ターゲットで盗まれた4000万枚のカード情報とその行方

半年ぶりのブログであります。2014年になってもう10日もたってしまったのだが、2013年のアメリカは「データは常に危険にさらされている」ということが明快になった年でありました。NSAとかSnowdenとか。

そしてその締めくくりは米国リテールチェーン大手、TargetのPOSデータ盗難。日本でもニュースになったようだが、全2000店舗弱の店内POSシステムがハックされ、買い物した人のカード情報が根こそぎ盗まれてしまった。ハックされた期間は11月27日から12月15日の2週間強、盗まれたカード情報はなんと4000万枚分。(追記:その後1億1千万枚かも、と上方修正された)

続きを読む