まだ間に合う、今年の秋からのアメリカ留学

大学受験失敗した!

就職浪人するくらいならアメリカの大学に行き直したい!

そんなあなたも、そうでないあなたも、今から間に合う今年のアメリカ留学。

それはコミュニティカレッジに行くこと。アメリカのコミュニティカレッジは、アメリカ人だったら誰でも入れる公立の短大で全米に1100校ある。日本人も英検かTOEFLで一定レベルあればほぼ無条件で入れる(レベルに達しない人にも道はある。)そして、2年間でAssociate Degreeという学位が取れるが、そこから一般の4年制大学に編入することもできる。例えばカリフォルニアでいうと、世界大学ランキング4位で超人ハルクの出身校であるUC Berkeleyにも(がんばれば)編入できる。そして学費はアメリカ人だったら感涙の激安、留学生でもかなり親切価格である。

というわけで、「広き門」「ステップアップ可能」「格安」という3つの特徴のあるコミュニティカレッジ。今年の秋から、今高校3年の日本の姪が私の家の近くのカレッジに留学するため、出願の仕方などいろいろ調べたので以下まとめます。

続きを読む

日本国・門外不出の秘伝の書


テロリストによる誘拐の身代金相場は一人10億円らしい
が、ここでもし日本国がその10倍払ったら、今後日本人はますます危険にさらされることでしょう・・・というので思い出したのが、昨年夏にパリの日本領事館に置いてあった「海外安全 虎の巻」なる外務省発行の冊子である。

続きを読む

誘拐される→身代金払う→もっと誘拐される(New York Times記事要約)

アメリカはテロリストに身代金を払わない。「国民が誘拐される→国が身代金払う→もっと誘拐される」という負の循環を断ち切る(そしてテロリストに活動資金を提供しない)ためだが、これに関する記事が半年ほど前New York Timesに掲載された。ISIS(イスラム国)より歴史の長いアルカイダによる誘拐について、身代金相場など具体的な数字を含むなかなか興味深い内容なのだが、やたらに長いのでお勧めしても読む人は3人くらいだと思う。なので以下要点を日本語でまとめてみました。

続きを読む

ハワイのとある中学・高校生のモバイル利用状況

オアフで生まれ育った14歳、16歳女子の姪がいて、今もハナウマベイのすぐ近くの公立学校に通っている。ダンナのお姉さんの子供で、中国人50%、日本人25%、諸々の白人25%である。

先日会った時、彼女たちがうちのダンナのアンドロイド携帯を見て「クスッ」と笑ったので、そこからいろいろ「普通の中高生のテクノロジー状況」を聞いてみた。

続きを読む

F-wordで客室乗務員に連行される人々

だいぶ前の話だが、飛行機で隣の席の人が客室乗務員と口論になって、警察を呼ばれて拉致されたことがあった。

飛行機はユナイテッド、隣の人は中年のビジネスマンらしき白人男性。フライトの最初からウィスキーを頼みまくってハイピッチで飲み続けていた。何度目かのお代わりを頼もうとしたところで女性の客室乗務員が「飲み過ぎ。もう酒は出さない」と低い声で彼に言った。

そこから口論に。

しばらくやりとりをしたところで彼が禁断のF-wordを口にした。

続きを読む