シリコンバレーオタク的出会い(または非出会い)

今朝のSan Jose Mercury NewsのSan Jose semaphore atop Adobe building solved: It is a novel

シリコンバレーで(たぶん)唯一の15階以上の会社がAdobe。San Joseの(名ばかりの)街中にあります。その最上階に光るなぞのライト。

「4つのライトで暗号を発信する」

というアートプロジェクトが去年から開始されていたらしい。毎日7時AMから2時AMまで、7.2秒おきにライトの形が変わる。いやー、こんなおしゃれなプロジェクトが1年間行われていたとは全く知りませんでした。

で、記事は、それを解読した二人組の話。

37歳と47歳の男性二人は、「女性をくどく方法」の講座に出席して意気投合。学んだことを実践に移すべくサンノゼのバーに行ってみるが、全然ダメ。ふと外を見るとアドビの最上階に謎のライトが。「これは暗号に違いない」と二人で解読に。ライトはこんな感じ:

The four disks, made up of
24,000 light-emitting diodes with a dark line through the center, could
be seen from as far away as Highway 87. They would spin every 7.2
seconds, resulting in a different pattern.

ライトがどう見えるかは、この暗号プロジェクトのサイトに行き、Project、Overviewとクリックすると写真が出ます。

さてさて、二人は女性を口説くことなど忘れ去り、解読に没頭。

シークエンスを追うため、近くの駐車場から数時間もライトを写真に撮ったり、、、という苦労の末、ライト1セットがアスキーコードであることに気づく。その後いくつかの試練を経て、1966年に書かれた

「The Crying of Lot 49」

という小説の全文であることを解読。

この小説の筋はといえば

The book by Pynchon, a
former Aptos resident, is set in a fictional California city filled
with high-tech campuses. The story follows a woman’s discovery of
latent symbols and codes embedded in the landscape and local culture

「街並み、ローカルカルチャーの中に暗号が隠されていることに気づく・・・」ということで、暗号プロジェクトにぴったりの内容です。面白そう。ちょっと古いけど。

・・・・・・二人組のその後は、一人はガールフレンドができたけれど、もう一人はまだ探し中だそうです。いわく、


   "I keep talking about encryption on my dates and it doesn’t seem to help," he said.

「暗号化のことばかり話しちゃうんで、あんまりデートがうまく行かないんだよね。」

・・・ううう、講習会で何を学んだんでしょうね。

暗号化という話題以前の問題として、そもそもデートで自分の話ばっかりしちゃだめですよ、男性諸君。デートを成功させることが目的だったら、ひたすら相手の話を聞く。これ基本です。。。。村上春樹の「ハナレイ・ベイ」にもでてきた(と思う)し、映画「40歳の童貞男」でも、

「とにかく、デートの会話は全て疑問文で押し切れ」

というアドバイスがありましたです。(で本当にうまく行って仰天する、というストーリー・・「こんな簡単なことだったのか?!」と。)

(ちなみに、「40歳の童貞男」の原題はThe 40 Year Old Virgin。昔「英語と日本語ー訳せない言葉」というエントリーで、童貞と処女の使い分けは英語にはなく、どっちもvirginだと書きましたが、この映画のタイトルもそうなってます。)

シリコンバレーオタク的出会い(または非出会い)」への3件のフィードバック

  1. 当該プロジェクトのURLのリンクがおかしいようです。同様にSan Jose semaphore atop Adobe building solved: It is a novel も。
    Googleしたらすぐに検索できました。

    いいね

  2. > シリコンバレーで(たぶん)唯一の15階以上の会社がAdobe。San Joseの(名ばかりの)街中にあります。その最上階に光るなぞのライト。
    Oracleのビルはどうだったかな、と思って、Oracle Buildingでイメージ検索して、地道に数えてみたところ、Oracleのロゴが入っているビルが16Fあるように見えるのですが…
    ま、社員の方に聞いてみれば分かるのでしょうが、ウズウズして調べてしまいました。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中