不法移民の人権を守るデモ

今日は全米で不法移民の地位向上のデモが行われた。地方都市San Joseでも2万人もが参加
「Si Se Puede!(スペイン語で、Yes, we can)」
がかけことば。(私たちだって、居住権・市民権を得ることができる、という意味のwe canだと思います。)デモに参加した人の多くがメキシコ人を中心としたヒスパニック。そしてまた多くの人が自らも不法移民。ラジオのインタビューでも、きちんとフルネームで自己紹介して「私も不法移民なんだけど」と答えている人もいた。

「そもそも滞在が違法なんだから、悪いのは本人なんじゃないの?その人たちを守る必要あるの?」

と思うところであろう。

実際、そういう主張をするアメリカ人もいる。

が、そもそもアメリカは移民で成り立っている国。「アメリカ市民」といったって、ほんの数百年前までたどればほぼ全員移民。なので、「お互い様じゃないか、尊重しあおう」みたいな感じがなきにしもあらず。

さらに、実際のところ、ヒスパニックをはじめとした移民がいなくなったら、低所得で大変な仕事をする人がいなくなってしまう、という
こともある。このあたりは、2004年にA Day without a Mexicanという映画もできた。突然ヒスパニックの人たちが全て消えてしまったらどうなるか、、、という話。

また、既に全国に1200万人の不法移民がいる、ということもあって、逆立ちしても全員追放することは不可能、何とかして共存していかなければならない、という現実の問題もある。

ということで、いかに不法移民の人権を守るか、不法移民をどうやって合法な居住者にするか、といったことが争点のデモなのでありました。

直接のデモの原因はこれ

A Senate bill proposed to offer a path to citizenship to millions of
illegal immigrants and to enhance border protection and a guest worker
program. That proposal collapsed late last week after angry debate and
feuding. The Senate is now on a two-week Easter break, and the future
of the bill, favored by labor and immigrants, is in doubt..

不法移民の市民化を促進する法案が議会でぽしゃったわけです。

でもなぁ、やっぱり、不法なんでしょ、それってよくないんじゃないの、と、私の中の律儀な日本人はささやくのだが、一方で、私のまわりにも、身を粉にして働く不法移民の皆さんがたくさんいるわけで、そういう人たちのお世話になって快適な暮らしを維持していることを思えば、不法移民の人権も守らないといけないよね、とも思ってしまうのでした。うーむ、難しい・・・。

 

不法移民の人権を守るデモ」への10件のフィードバック

  1. CA は知らないですが、NYC もやっぱりレストランとかデリは、メキシカンの人が下働きですもんね。少なくとも、最低限度の生活権くらい、保障するのが、文明国かと思いますよ。アメリカは一応、文明国だと思ってますけど。
    でも、Rich Dad Poor Dad って日本でも翻訳されて売れた本の姉妹本に、アメリカもこれからsocial security と medicaid で貧乏国になるかもしれないって書いてましたが。もう、余裕ないんですかね?
    でも、どえらい金持ちもいる国だそうですが。

    いいね

  2. 良くないことがまかりとおるのが世の中ですよね。
    生きるために来たと考えると、それはやむをえない問題かと。
    日本も将来的には移民を受け入れてゆく方向になるんだと思います。

    いいね

  3. 移民問題は、日本に住んでいるとあまり実感できない問題です。移民問題って、結局のところ、後から来たやつを受け入れるかどうかという問題なのかな?という漠然とした感じしかないです。

    いいね

  4. はじめまして。
    たしか20世紀の末に、国連人口部かどこかから recommendationが出てて、正確な数字は忘れてしまいましたが、毎年数十万規模で移民を受け入れないと、おたくの文明は21世紀中に、メンテできなくなりますぜぃ、というような内容だったと思います。国内報道ではなぜか「報告書」としか紹介されてなかったような記憶も。
    国連の人口部とやらのあれこれがどの程度信用できるのか、不勉強でよくわかんないんですが、たぶん移民受け入れというのは、僕たちが漠然と感じているよりもリアルな問題なのかもしれませんね。

    いいね

  5. 「でもなぁ、やっぱり、不法なんでしょ、それってよくないんじゃないの、と、私の中の律儀な日本人はささやくのだが。。」
    もう何年もブログを愛読させていただき、Chikaさんの「とにかく物事は批判的に考える」というスタンスにいつも共感していますが、日本でお育ちになったChikaさんとアメリカで育った私とでは「やっぱり違うところもあるんだな。」ということに時々気がつきます。今回の移民問題に関する私の感想は「法律で決められていることと、何が正しいかという事は別物」という感じですが、自分のようにアメリカ(の青い州)で育った人にとっては普通の考え方なのではないかと(自分では)思っています。
    私が行った小・中・高では”Just because it’s the law doesn’t make it right.”ということを生徒に叩き込んでいました。それこそアメリカの民主主義の大前提になる思想、という感じでです。歴史のクラスの一大テーマはアメリカの憲法や法律の時代に伴う変化とか、州による法律の違いです。中学生には「アラバマ物語」やケネディー大統領が書いたProfiles in Courage、高校生にはオーウェルを必ず読まさせますが、その教訓は「お上の言う事を鵜呑みにしないで、自分で考えよう」です。その延長でアメリカ政府の過去の人種差別に基づいた政策(アジア人やメキシコ人の排斥、日系人の強制収容)とかを考えてみると、今の移民問題は(シリコンバレーの外では)少数民族の私にとっては他人事ではないような気がします。(だからといってデモに行くわけでもないのですが。。。)

    いいね

  6. Yukiさん、おっしゃる通り。現在の法律が絶対ではありません。時々刻々と時勢とともに進化するべきです。
    しかし、この問題は、「現在の法律を破りながら、その法律はよくない。だから、自分が違法でなく、法律を変えろ。」ですよね。
    順序が間違っていると考えます。法律を改正してからそれに従って入国し、市民権をえるべき。
    あと、チカさんもおっしゃっていますが、われわれアメリカにすむ人間はこの違法移民の安い賃金と過酷の労働条件の恩恵を直に受けていますし、日本に住むみなさんも間接的に恩恵を受けています。
    一時期東南アジアの sweat shop で製造された Nike 製品かのボイコットが問題視されましたが、アメリカの違法移民を採用しているレストランとかのボイコットは聞きませんね。ちなみにモザンさんは大手建設業書は違法移民は採用しないとおっしゃていましたが、レストラン業界はなぜフリーパス?

    いいね

  7. googleで検索してたら、たまたこちらのページに迷い込んでしまいました。
    脇から唐突に書き込むのはちょっと礼儀に反するのかもしれませんが
    >現在の法律を破りながら、その法律はよくない。だから、自分が違法で
    >なく、法律を変えろ。
    というのは少し耳が痛いです。今のインターネットの成り立ちがまさにこれそのものなので。ご存知かもしれませんがインターネットの元は軍用のARPAnetでこれが後年、科学財団に払い下げられました。ここでこのネットを利用した大学の元学生とか研究所のOBとかが便利さを忘れられずに”違法に”ARPAnetを使い続けて「これだけ便利なんだから、ちゃんとルール決めて使わせてくれ」って主張したのが民間人も利用できるインターネットの始まりです。(インターネット黎明期の先駆者は逮捕者結構多いです)
    移民問題とインターネットの成り立ちは全く無関係ですが、ある意味ゴネて権利主張する人が居なかったら、今僕がこうやってブログにコメントを書き込んだりしていることもひょっとしたらなかったかもしれないなどとも考えたりします。
    意見が通る通らないは別問題ですが、どんなことであれ主張したいことがあったら声を上げる事は大事だと思います。

    いいね

  8. CAに住む写真家です。たまたまググってたら見つけましたのでコメントさせて頂きます!
    自分も実は5/1にLA Down Townのデモに、写真家としての作品作りもかねて参加してきました。
    一番の問題は、エゴと政治が人権を超越しようとしているところにあると思います。不法移民はもちろん「不法」です。何らかの処罰が加えられて当然です。しかし問題は、「不法移民全員に25000ドルの罰金」と「不法移民を助けた人間にも同じ刑事罰をあたえる」と言う部分です。散々見て見ぬ振りでコキ使ってきてこれか??
    法で道徳を押さえつけるのか??
    人助けが犯罪になるという今回の異常な筋書きには、どうしても納得いきません。勿論教会関係者も反対派が多いですよね。不法移民は何らかの形で教会に関わるケースが多い訳ですから。人道的観点から見ても不条理すぎます。
    アメリカのニュース、特にFOXなどではメキシコ人は皆麻薬ディーラーやスマグラーのように言い立てますが、アメリカに住む皆さんは皆知っての通り、彼らのほとんどは家族を何よりも愛するハードワーカーです。
    そしてなにより一番の問題は、アメリカで唯一収容所におし込められ差別を被った経験を持つ我々日本人のこの問題への意識の低さです。これはメキシコ人だけの問題ではなく、我々にも直接関わってくる問題なのに。アメリカよりの発言をする方々も多数見られ、寂しいなと思っています。
    乱文失礼致しました。またよらせて頂きますね。

    いいね

  9. 日本でも移民庁を設立に向けて動き出したようです。
    でも、よりによって不景気でワーキングプアで人手不足なこの時期に出てきたということは、要するに奴隷の売買が目的ですね。
    奴隷が鬱病とか過労死にならなきゃいいけど。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中