アメリカ出張でのUberの使い方


「シリコンバレー視察ツアー」をする方で、まだUberに乗ったことがない方は是非乗ってみましょう。どんな会社を見て回るよりITの破壊力が実感できるはず。本当はAirBnBにも泊まっていただきたいのだが、せめてUberだけでも。というわけでUberの使い方の説明。

まず、日本でアプリをダウンロードしてアカウントを作りクレジットカードを登録しておけば、アメリカでもそのまま使える。車種やドライバーの種類は都市ごとに違うが、その場所でアプリを開けばそこで呼べるUberの種類だけが表示される。シリコンバレーでは多種あるのでやや混乱すると思うが、基本理解すべきなのは下記の2種類。

  • BLACK:黒くてピカピカした車でスーツを着た運転手がやってくる。従来型のリムジン(ハイヤー)の運転手も兼業している人が多くプロ。ただし高い。
  • uberX:普通の車で普通の人が運転してくる。プリウス多し。運転手は通常いい人だが、時々「目的地が近すぎるからやっぱりキャンセル」といった非道な扱いをされた話も聞く(私自身はないのですが)。安い。

いずれも定員4人だが、それぞれに6人まで乗れるオプションが存在する。BLACK SUVとuber XLというのがそれ。BLACKとBLACK SUVは同じ人が同じ車で流していることがほとんどなので、おそらくBLACKの通常版を呼んでも6人乗れる(しかし乗れなくても文句は言えない。)そして、uberXを2台呼ぶより、BLACK SUV一台の方がかなり高い。

どうやって車種を選択するかは冒頭の図を参照のこと。

そして行き先も入力した上で「SET PICKUP LOATION」を選ぶ。(行き先は後で入力しても良いのだが、待ち時間が短い場合、入力にもたついている間に車がきてしまうこともあり、そうすると口頭でやり取りしなければならないこともあるので、先に入れておいた方が面倒が防げる)。

あとは、来た車に乗って目的地で降りるだけ。行き先は運転手の携帯に自動的に伝わっているし、精算は何もしなくてもクレジットカードで引き落とされる。

注意事項は:

  • 来た車のナンバーか運転手の名前を確認する。特に大都市や空港などでは必須。間違えて同じ場所で他人が呼んだ車に乗ってしまうと非常に面倒なことになる。ナンバーと名前はいずれもアプリ上に表示される
  • 乗車後に運転手を5つ星で評価するのだが、明らかな問題がない場合は5つ星にすること。4.3か4.4位を下回ると運転手はクビ切りのリスクあり

実はUberはあくどい経営で有名。本当は競合のLyftを応援したいのだが、「日本で登録しておいてアメリカで乗る」というのができないので。残念ながら。そしてLyftは身売りを目論み投資銀行も起用したが買い手がつかなかった模様。でもまだキャッシュが14億ドル(1400億円)あるとのことなので、なんとか頑張ってもらいたいものです。

アメリカ出張でのUberの使い方」への2件のフィードバック

  1. 私はシンガポールに住んでいますが、こちらではLyftよりもGrabが有名です。
    価格はGrabのが安いですが、ドライバーの質はUberのほうが良いように感じられます。チカさんの体験として、UberとLyftを比較した際にどちらのほうがドライバーの質が高いと思われましたか?:-)

    いいね

    • lyftとuber両方やってる運転手が多いので質は一緒な気がします。Uberの方が色々悪どいけれど客の数が多い、というのが現状のようです

      いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中