英語リスニング力向上、Listen-ITのiPhoneアプリをリリースしました

お久しぶりです。

さて、突然ですが、英語リスニング力向上のためのiPhoneアプリ Listen-ITをリリースしました。まず第一弾は、母音の微妙な違いをゲーム形式で聞き分ける「母音ゲーム」です。

カタカナにするとどちらも「ロー」になってしまうlowとlaw、「バット」になるbatとbutなどの組み合わせを聞き分けることで、微妙な母音の違いを耳から覚えられるようになっています。

今後、子音や口語の文章聞き分けのコツその他もろもろを追加していく予定。なお、Listen-ITアプリ紹介のウェブサイトはこちらです

もともと、ウェブ上で作ったものをiPhoneアプリにしたものですが、思ったより大変でありました。開発者@naan(在Silicon Valley)の執拗な完成度要求に応えていただいたデザイナーの@solehさん(在Connecticut)、そして、ウェブバージョンからの移管でお世話になった@wizardofcrowdsさん(在Canada)のご尽力の結果、70近いビルドを経てやっとリリースにこぎつけた次第。

いや、修正に次ぐ修正で、もう、一生作り続けるだけで終わるサグラダファミリアになるかと思ったけれど、やっと公開です。

なお、特徴としては、こんなことがあります:

  • 1レッスンが5分ほどでできるので、隙間時間活用可能
  • 苦手な音の聞き分けを、何度でも繰り返し練習できる
  • ネットワークアクセスが必要ないのでビルの中や地下鉄でもレッスンできる

 

さて、ウェブサービスで作ったときにも書いたと思うのですが、なぜ「母音の聞き分け」なのかというと、

「こういう風に最初に教えてくれれば、もっと英語が聞き取れるようになったのに!」

と私自身が強く、強く思うからです。

というのも、人間は万国共通、だれもが母国語の音の範囲内で、新しい言語の音も聞き取ろう、と思ってしまうもの。(人間の脳がそうできている。)

そして、英語は、日本語にない音がたくさんある、つまり、日本語の一つの音に複数の英語の音が対応している状態です。(日本語のラリルレロに英語のLとRの両方が対応しているのは有名ですが、そういうのがたーーーくさんある。)。

で、「英語ではこの二つは違う音だよ」というのを最初によく理解しないまま、漫然と英語に接していると、何が起こるか。

それは、とっても怖いことなのですが、「英語の音→カタカナ」の回路が強化されるのでした。つまり、LとRがどう違うか、というのを認識しないままLとRを聞き続けると、聞けば聞くほど「LとRはどちらもラリルレロ」という間違った認知が強まっていくという・・・。怖いですね。怖いです。

で、私自身は、その「違い認識トレーニング」を最初にしないまま英語圏で生活を始めたので、間違った認識が複数定着してしまい、それを学びなおすのに膨大な年月がかかっております。

・・・・というと、「じゃあ、もう自分はだめだ」と思う海外在住の皆さん。まだ大丈夫。Listen-ITを作りながら、自分でも何度もレッスンをやってみて、私の聞き分け能力は向上しました(意外な効用)。英語圏在住通算15年目にして、です。

そして、なぜ、その聞き分けの第一弾が、子音ではなく母音かというと、母音理解が英語理解の鍵なので。英語は日本語に比べ、リズム・抑揚で理解していく言語ですが、そのリズム感を作り出している大きな要素が母音。子音は少々いい加減でも通じることが多いのですが、母音をいい間違えるととたんに通じなくなることが多いです。いかに母音が大事か、ということですね。

なお、アプリでは、下の図にある英単語の中の8つの母音を含む、18の母音を聞き分けます。言語学的には英語の母音は、もっともっとたくさんあるのですが、普通に話す分にはこの18個が区別できれば相当ハイレベルな英語力になります。

なお、オレンジは、日本語の母音の大体の対応位置です。日本語の二つの母音の中間的な英語の母音はかなり難しいです。多分、それなりにまじめに英語を勉強し、頭で分かっていたつもりでも、実際聞いてみると「え、こんな音だったの?」という英語の母音がかなりあるはず。

(口の開きが縦軸、舌の位置が横軸なのですが、cutとlawが同じところにあるのは、この二つ以外にもう一つ「唇のまるめかた」という第三の軸があるからです。恐ろしいことです。恐ろしいのですが、実際に聞いてみると、二つもの軸で同じ場所にあるcutとlawの中の母音の聞き分けよりも、ずっと難しい他の組み合わせがあります。脳がカタカナに最適化されているからかと思われ。人間の脳って不思議ですね。)

 

というわけで、ご興味がある方(でiPhoneをお持ちの方)はトライしてみてください。1レッスン目は無料です。

iPhoneアプリ Listen-IT

Twitterで@Listen_ITをフォローする
Facebookで「いいね!」する

英語リスニング力向上、Listen-ITのiPhoneアプリをリリースしました」への11件のフィードバック

  1. 母音の勉強が必要、というとこ同意です。私ももっと早く習っていたら、と思いながら何年も格闘してます。早速アプリ購入しました!

    いいね

  2. こんなアプリを待っていました! 早速購入させていただこうと思いますが、自分の発音がチェックできる機能もあると、非常に嬉しいのですが、機能追加として検討していただけないでしょうか?

    いいね

  3. iPhoneアプリのリリースおめでとうございます。
    前身のWeb版Listen-ITを利用させていただきましたが、
    とても効果あり、おかげさまで、苦手だったリスニング力が向上して、TOEIC800点を超えることができました。
    お礼申し上げます。
    iPhoneアプリ版も、テスターとして利用させていただきましたが、地下鉄待ちの短い時間などにも、さっと学習できて便利です。
    Web版より音声再生のレスポンスが早いのも良いですね。
    子音編も楽しみにしています。

    いいね

  4. chikaです。
    >自分の発音がチェックできる機能
    Siriに「あなたの発音はXXXとしか聞こえませんね」とかあの声で言わせてみたいんですが。SiriのAPIが公開されたらもしかして・・・
    >TOEIC800点を超え
    おお、よかったです。ベータテストもありがとうございました。子音編、本日中身の素材がほぼ出そろいました。(が、これから、数週間はかかります)。

    いいね

  5. アプリ買いました。こういう日本語にない音の特訓アプリが欲しかった!基本的に気に入っており、英語学習に興味が有る人は「買い」だと思うのですが、改良して欲しいところが何点かあります。
    ・はじめは時間制限無しでやりたい。
    ・間違えた単語から自分で選んだ単語をを何回も繰り返し聞きたい。
    ・選択肢がfurとforみたいな形で出てくるより、発音記号で選べるようにして欲しい。
    後、別アプリでもいいのですが、耳で聞いた単語を発音記号で書くようなアプリが欲しいです(笑)。
    子音版を楽しみにしています。

    いいね

  6. chikaです。
    購入ありがとうございます!
    >はじめは時間制限無しで
    時間制限無しにすると少しアプリの作りが煩雑(次へ、というボタンが必要になる)になるのですが、どれくらい時間があればOKですか?
    >・間違えた単語から自分で選んだ単語をを何回も繰り返し聞きたい。
    これは、採点画面でそのワードをタップすれば、何回でも聞けるのですが、それではダメでしょうか?
    >発音記号で
    実は、かなり強い信念があって、発音記号を使っておりません。・・ですが、何人かのベータテスターの方のご要望もあり、一度発音記号版を作ってはみたのですが、やはりわかりにくいので今の形にしてみました。
    「かなり強い信念」の理由は、発音記号は「発音記号」という新しい記号を別途覚えないと使えないからです。(当たり前ですが・・)スペルと発音記号を丸暗記しているような方もいますが、通常はそうではないので・・・・
    あと、
    – 言語の専門家以外で、アメリカ人で発音記号を知っている人はほぼ皆無なので「この発音記号はどんな音」と聞いても答えてもらえない
    -それより、一応弱いながら、スペルと発音の間には相関があるので、スペルを見て発音が分かる方が実用的だし、実際アメリカ人同士もそうやって発音を表記している(例:Mxyzptlk’s name is pronounced as Miks-ill-plik)
    ということもあります。
    あと、これは、すごい細かいことなのですが、特に母音は発音の遷移が常に起こっており、既に、日本で教わる発音記号と実際の発音の間に乖離が生じてきているものがあります。(たとえば、Listen-ITはアメリカ英語で作ったのですが、アメリカでは発音記号にして/a/ /o/ /ɔ/の統合がすすんでいます)ですので、発音記号で表示すると微妙に違ってしまうものがあったりする、という問題も。(とはいえ、発音記号を知りたい方のために、一応表記はしてあるのですが)

    いいね

  7. 以前PC版を購入したのですが、PCの前に座って勉強する時間がなかなかとれず、途中になっていました。移動中に勉強できるのはいいですね。・・・でも、当方Android携帯ユーザーです。ぜひAndroid版も作ってください!

    いいね

  8. 丁寧な回答有り難うございます。
    >どれくらい時間があればOKですか?
    決まった長さの待ち時間があるのではなくていつでも好きなタイミングで次の問題に行ける方が好きですね。あの時計の音を聞くとなんか焦っちゃうんで。
    >採点画面でそのワードをタップすれば、何回でも聞けるのですが、それではダメでしょうか?
    あ、この機能を見逃していました。これで大丈夫です。
    発音記号についてのこだわりはわかりましたが、やっぱり自分は発音記号を使うほうが好きなのでそういう「モード」があると嬉しいですね。

    いいね

  9. アメリカに留学に来て2週間経ちました。
    日本で英会話学校に4年弱通い、TOEICは800点超、英検準1級取得と満を持して来たものの、想像以上に英会話ができなくてびっくりしました。
    まず、ネイティブの発話が全く聴き取れない。
    そして僕が話しても「はぁっ??」って顔をされる。
    これは発音とリスニング力を強化しなければヤバイと思い、早速購入させていただきました。
    ゲーム感覚でプレイできるので、楽しんで練習しています。
    要望として
    ・追加課金でもOKなのでもう少しレッスン数を増やしていただきたい(数回プレイすると回答を覚えてしまう)。
    ・音のジャンルごとにレッスンが分かれているとわかりやすい(初期の画面で1〜21までのレッスンがだーと並んでいるのではなく、ある程度似た音ごとに区切りがあると「今日はこの音を練習しよう」と思った時に、探しやすくなります)。
    とは言え、操作性もとても良く気に入っております。子音編も期待しております。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中