起業時の主要メンバーはトップのコネで連れてくる

先日書いた、「アメリカでの組織づくりはトップから雇用する」というののバックアップデータです。「ベンチャーの上層部10名ほどは、どういうツテで採用されたか」というグラフ。

6a00d8341c3b6353ef01348568bace970c

Cのつく人たち(CEO、COO、CFO、CTO)および、各機能のトップ(エンジニアリングのトップ、セールスのトップ、マーケテイングのトップ、、、、などなど)それぞれについて、誰からの紹介で入社したか、というもの。

  • オレンジ=CEOの紹介
  • 緑=他のexecutiveの紹介
  • 赤=投資家の紹介
  • 水色=その他

2008年に340社のベンチャーにアンケートしたデータをもとにしたレポートより。対象はシリコンバレーだけではなく、全米のIT関連ベンチャーです。

これを見てわかることは、

「6割以上のexecutiveは、CEOか他のexecutiveの紹介」

ということ。(CEO自身がCEOの紹介、というのがあるのは、多分前職のCEOの紹介じゃないかなと)。

会社のNo.2のCOOは63%がCEOの紹介。

日本企業が進出してアメリカで組織を立ち上げる、というのも、「なにもないところから組織を作り出す」という意味においてベンチャーみたいなもの。そして、そういうゼロから立ち上げの会社は、こうやってexecutive同士の「コネ」で組織を作り出しているのですな。

(で、コネがない人の会社は、投資家のコネを活用すると。executiveのコネ、投資家のコネ、以外でやってくるexecutive(=青色)がいかに少ないかよーく見て欲しい。)

元レポートは、WilmerHale, Ernst & Young, J. Robert Scottの3社のスポンサーで、Harvard Business SchoolのProfessor Wassermanが作成したもので、ベンチャーのexecutiveの報酬に関するもの。こちらで公開されています。同じサイトに、ライフサイエンスバージョンのレポートもあります。ご参考まで。

起業時の主要メンバーはトップのコネで連れてくる」への1件のフィードバック

  1. ファウンダーでエンジニアの人がFundingのタイミングでCTOに下がってCEOを入れるというのはかなりよくありますし、アーリーステージだとCEOがまだいないというパターンもありえますからね。
    ちなみにさっきまでProfessor Wassermanと一緒にいたので彼の名前が出てきて驚きました。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中