Did You Know? 2.0

去年の7月にアップロードされたものゆえ既に見たことがある人もいると思いますが。いろいろと思いがけないデータが次々に出てきます。

「将来を担う若者は、現状を大きく凌駕する問題を解決していかなければならない。そのための教育をきちんとしなければ」というのがメッセージ。shifthappensのサイトに詳しく書いてあります。

「変化に対応できる人材を育てる」のは、言うは易く行うは難し、でございます。

データの例:

  • 2006年に大学を卒業した人の数:アメリカ130万人、インド310万人、中国330万人
  • 10年後、世界で最もたくさん英語を話す人がいる国は中国
  • 現在働く会社での在職期間は、アメリカで働く人の4人に一人が1年未満、二人に一人が5年未満
  • これから卒業する人は38歳までに10-14の職に就くと予測される
  • 2005年にアメリカで結婚したカップルの8組に一組はオンラインで出会った
  • 現在の英語の語彙は54万語で、シェークスピアの時代の5倍
  • 2049年には1000ドルのパソコン一台で全人類の脳の処理能力の合計を凌駕する

こちらのページからは、映像ファイル/音声ファイルのダウンロードも可能。授業でどんどん使って欲しいとのことなので、いかがでしょう。英語ですが、短い文章が画面に出てくるだけで声は入っていないので、中学くらいでも使えると思います。オンラインで見られるサイトのリスト等はこちらのページに。

ソースをダウンロードして変更を加えることも可能。CreativeCommonwsの「表示-非営利-継承 3.0 Unported」というライセンスで、基本的に自由に複製、変更可。(CCライセンスの内容について詳しくはこちらのページを)

そういえば、1985年頃には「2000年には一般人も月旅行に行ける。値段は3000万円なり」というまことしやかな雑誌記事があったなぁ・・・・。どこかの会社が予約を受け付けている、みたいな話だったようなうっすらとした記憶が。月はまだ無理みたいですが。

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中