10日のセミナーで話すこと「現場がイキイキする人材マネジメント」

10日昼は一人でお話しするセミナーをします。「現場がイキイキする人材マネジメント」ということですが、わたしとしては非常に簡単に「イキイキした職場」は「やりがいがある」か「労働時間が短い職場」職場である、と定義し、シリコンバレーの会社はどのようにして「やりがい」と「時短」を実現しているのかをお話ししたいと思います。

ちなみに、「やりがい」と「時短」はor条件でつながっています。どちらかだけでよいわけ。もちろん「やりがいが皆無」というのは問題ですが「やりがいがそれほど大きくなくても、さくっと9時5時」というのもあり、と。

この、「やりがいがイマイチでも労働時間が短ければイキイキする」、というのは疑問を感じる方もいると思いますが、人間、体が疲れると心も疲れる。体力さえあればかなりのことは元気に乗り切れるものです。で、体力温存には労働時間を短くすることが一番、と言い切らせていただきましょう。

ということで、「時短」に関しては

  • コアタイムがないどころか、会社に来ても来なくても良いフレックスタイム
  • 「ほう・れん・そう」を排して効率化ー全員社内にいても電話会議のすすめ
  • 出張への家族同伴、休暇合体の推奨
  • 数ヶ月〜数年のサバティカルの導入

といったことをお話しします。

やりがいの方は

  • ギークは会社に取って最重要アセットと認識しギークならではのリワードを導入
  • 現場に採用権をもたせ、人のマッチング、仕事内容のマッチングの精度を上げる
  • 業績を上げる(人事の枠からは外れるが、実はこれで全ての問題が解決すること多し、「拡大経営」の大事さをおまけでちょっとお話ししたいと思います)

こんな感じでしょうか。さらに参加者の皆さんからの質問も目を通していますので、そうした疑問へのお返事も交えながらお話ししたいと思います。

セミナーの詳細、お申し込みはこちらのサイト

10日のセミナーで話すこと「現場がイキイキする人材マネジメント」」への1件のフィードバック

  1. 渡辺千賀さんのセミナーにはじめて参加

    パソナテックさんのイベントで、渡辺千賀さんのイベントにはじめて参加しました。
    第一印象としては、容姿端麗で、生き生きとされており、人生を楽しんでいらっしゃる印象を受けました。
    著作が大変面白かったので、いつかお話を聞いてみたいと思っておりました。
    …….

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中