ゴルゴ13を小説にしたようなJohn Rainシリーズ

先週末は、1年ぶりに映画館に行った。で、The Bourne Ultimatumを見ました。いやー、よかったよかった。Matt Damon君スバラシ。何がよいって、面倒くさいことは全てぶっちぎったストーリー展開がすばらしい。ありえないハイセキュリティの場所に侵入するときも、どうやってアクセスを確保するか、とかそういうのは全くなし。突然もう侵入済み。

あと、CIAオフィサーの女性が超優秀で気分すっきり。無能な上官の下でちんたら的外れな調査をしているチームを途中で任された彼女は、部屋に入ってくるや否や

「自己紹介なんかしてる時間はないので割愛。あれをしろ、これをしろ」

とてきぱき指示を出しまくり、3分でいきなりブレークスルー。映画館拍手。これ以外でも、何度か観客が拍手するシーンがありました。実際にはありえないことだらけですが、とにかく気持ちいい。ただ、複雑なストーリー展開とかは期待しないでください。直球勝負なので。

で、この映画を見て思い出したのが、最近読んだRequiem for an Assassin。アメリカ人と日本人のハーフの殺し屋、John Rainが主人公のシリーズものの最新作。筆者は、自身もCIAのcovert operationで3年間働いたことのあるBarry Eisler。しかも、大阪の松下電工の法務部で働いていたこともあるので、日本の話も詳しいです。

Rain Fall、Hard Rain、Rain Storm、Killing Rain、The Last Assassinと続いて、今回のRequiem for an Assassinで6作目。

主人公のJohn Rainは、ハーフだけど見た目は日本人で、得意技は自然死に見せかけた殺人。芸術的な暗殺者としてフリーランスで働いている。「自然死に見せかける」というのを除いたら、これはデューク東郷、ゴルゴ13ではありませぬか。

Requiem for Assassinは、シリコンバレー、インドネシア、シンガポール、パリ、ニューヨーク、東京、といった場所が舞台となる。で、John Rainは、さすらいの暗殺者にあるまじきステディなガールフレンドと、パリで暮らしている。ただし、ガールフレンドはモサドの女スパイゆえ、一応双方の安全のため別居。

このガールフレンドさんは、アンジェリーナ・ジョリーを金髪にしたようで、誰もが振り返る美女。しかもセンスがよくて知的。そして、誰が見ても日本人なJohn Rainにベタぼれなんですね。

日本人男性諸君、これを読んで自信をつけてくださいませ。

シリコンバレーが舞台の章では、John RainがPalo Altoのレストラン、Ming’sからIkeaまでを歩いたり、Menlo ParkのKepler’s書店の隣のCafe Borroneで食事をしたり、とローカル色満載。筆者がこの辺のヒトなので当然ではありますが。ただ、John Rainが松下電工の駐在員のフリをするところでは、実際の電工のシリコンバレー駐在員の方々の顔が浮かんでしまって、それを頭の中から追いやるのにちょっと苦労しました。

このJohn Rainシリーズ、映画化の話も来ているそうなんですが、はたしてJohn Rainの役を誰がするのか?

できれば日本人にして欲しいぞ(日本語のシーンが片言だとちょっとトホホなので)。しかし、この役をできる英語力を持った日本人俳優は・・・・誰も思いつきません。金城武(←顔が好きである)に、頑張って筋肉を20キロくらいつけてもらいたい感じですが、たぶんだめだろうなぁ。

一番ありそうなのは、日本語ができない東洋系アメリカ人俳優を起用するか、「日本人とアメリカ人のハーフだが、見た目は完璧に日本人」という設定をやめにして白人俳優を起用するかでしょうねぇ。ふー。残念。

ゴルゴ13を小説にしたようなJohn Rainシリーズ」への12件のフィードバック

  1. 本を読んでいないのでアレですが、僕も真田広之さんを思い浮かべましたがいっそイチロー、映画進出!とか?
    日本男性諸君の自信が一気になくなりそうですが(w

    いいね

  2. ナカタ!
    以前、バイオハザードのミラ・ジョヴォヴィッチとの噂もあったし、金髪美女が振り返る日本人といえば、やっぱりナカタでしょう。
    どうせ暇しているんだろうし、、、

    いいね

  3. > 芸術的な暗殺者としてフリーランスで働いている。「自然死に見せかける」というのを除いたら、これはデューク東郷、ゴルゴ13ではありませぬか。
    それとも、必殺仕置き人でしょうか。

    いいね

  4. chikaです。
    ルックスと英語力と演技力を兼ね備えてないとダメですヨ。しくしく。ジェットリーもいいですけど、ここは一つせっかくだから日本語ができる人にやってもらいたいところ・・・。
    イメージとしては真田広之さんが一番ぴったり来る感じ。筆者のBarry Eislerにも似てるしw。今からアクセントトレーナーについてがんばってもらうとか?

    いいね

  5. 私も原書を読んでいないので、なんともいえないですが、金城武に一票!!なぜなら素敵だから・・・。
    そういえば、今、真田広之氏は、ハリウッドに進出していて、アメリカ半分、日本半分みたいな生活をしているはずです。確か、既に著名なアクセントトレーナーについて練習してるっていう話もどこかで読みました。
    ってことは、真田氏で決定???
    あ、それより面白そうなので原書読んでみます。

    いいね

  6. cupaです。
    いつも、興味深く&有意義に拝見しています。
    初めてコメントしますが、Rush Hour 3 に出演して
    いる Hiroyukiさんの演技と英語はなかなかでした。
    ということで、Hiroyuki Sanada さんに一票!(微笑)

    いいね

  7. 日本では11月に公開みたいですが、
    夏休みでハワイに行った際にThe Bourne Ultimatumを観てきました!
    演出、演技、音楽、全部好きです。
    監督もMatt Damonも素晴らしい仕事で最高ですね(^^
    オーシャンズ13(日本で上映中)でのコミカルなキャラのギャップが笑えすぎますw
    一映画ファンとしてはアメリカ在住のチカさんが1年ぶりに映画館に行ったというのがちょっとショックです(笑)
    (もしかしたらご自宅に豪華なシアタールームがあるとか!?)
    Barry Eislerは日本ではあまり知られていないと思われますが、
    このエントリーでの紹介をきかっけに早速3冊ほど購入してみました。
    これから読みますが、主役候補のVoteにはリチャード・ギアなんっていかがでしょ!?
    (少し顔が日本人ぽいのと日本映画に出演した?経歴がある?)

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中