英語ヒアリング学習サイト再開しました

長らく放置プレーが続いていたListen-IT、再開しました。

「読んでわかる英語は聞いてわかるようにする」
これを目標に、かつ、IT分野にターゲットを絞ってヒアリング力をつけよう、というサイトです。Listen (to) IT(アイティー)で、Listen-IT。以前は、巷のサイトにある音声ファイルを使う形でしたが、今回はポッドキャストでも聞けるMP3のコンテンツを作りました。

「どうして、読んでわかる英語は聞いてもわかるように教えてくれないのかっっ」
というのが、高校留学、大学院留学、それぞれ英語で苦しんだ私の魂の叫びなのですが、叫んでいても始まらないので、自分で教材を作ってみました。

アップしたのは、Tim O’Reillyのスピーチを40秒ほど取り出して、そこをひたすら聞き取る練習。ホンモノのTim O’Reillyの声です。この40秒を、30分にわたり微に入り細を穿って説明してます。英語部分を聞きながら穴埋め問題をして、採点できるページもあります。また、実際やってみた方のフィードバックも鋭意受付中。

加えて、On Off and Beyondでこれまで書いた英語関係のエントリーもListen-IT側にまとめてあります。興味のある方はListen-ITのサイトを覗いて見てください。

英語ヒアリング学習サイト再開しました」への10件のフィードバック

  1. 早速オライリーさんのスピーチを聞いてみました。
    思ったのはソースが入手困難かも知れませが、こういった教材にはアメリカ人の普段の会話を録音したものの方がいいのではないか、と。
    カンファレンスなどのスピーチだとやはり聴衆が分かりやすいように普段よりゆっくりしゃべるものですから。
    あと超上級者向けにインド訛りやヒスパニック訛り、南部テキサス訛りの聞き取りなんか用意するのもアリかと。(笑)

    いいね

  2. ”アメリカ人の普段の会話”のお勉強もいいですね!必要にかられなくなってしまった今ではすっかり英語からはなれてしまいましたが、気合の入ったときにのぞいてみたいと思います!

    いいね

  3. 面白かったです、とても勉強になりました。
    週一くらいでアップデートして頂けると、非常にうれしいです。
    でもこれだけわかり易く編集するのに相当の時間がかかるのもよくわかりますので、せめて隔週を希望(笑)
    聞き取りにくい箇所の聞き取り方の解説がとても勉強になりました。
    O’Reillyのスピーチ、いつも挫折してたのが少し聞き取れてうれしかったです。

    いいね

  4. 聴きました。
    これはクオリティ高いですね。
    40秒のセンテンスの聴き取りに30分解説しているなんて、有料の教材でもなかなか見当たらないと思います。
    英語教育のオープン化のパイオニアとして活躍してくださることを、勝手ながら期待しています。

    いいね

  5. [English] Listen-ITをやってみたら、すばらしかった

    なんやかんや言っても、ここ半年は英語の学習を続けております。 いずれグローバルな活躍をするであろうid:ikuo5710ですが、最近は英語力の伸び悩み(特にリスニング)に文字通り悩んでいました。 そんな中、ステキなサイトを発見したのでご紹介します。 On Off and Beyond:…

    いいね

  6. [clip][言語] On Off and Beyond: 英語ヒアリング学習サイト再開しました

    なかなか親切でいいですね。 Listen-IT: Tim O’Reillyスピーチ「頻繁に変更される大量のデータをリアルタイムに扱う」 Listen-IT: Tim O’Reilly 穴埋め問題:難度-高 というわけでやってみたが、 You know, ____(4) you think bringing ___(3) stuff live; builds out(3) …

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中