長いものに巻かれなかった顛末

先日長いものに巻かれないというエントリーを書いた。法人税支払いが5日遅れたら2500ドルの罰金請求が来たが、周り中の人に薦められ、罰金免除依頼を税務署に書いた、という話。

ちょっと前に、税務署(IRS)からお返事が来ましたです。はい。

We are pleased to inform you that your request to remove the Failure to Deposit penalty has been granted.

ということで、「おめでとう、罰金はチャラになりました」というお返事でした。あの恐ろしいIRSをして「we are pleased」と言わしめるほど、まっとうなお願いであったのか。なんといっても、「免除のお願いレター」の文面自体、IRSのカスタマーサポートの人に言われたとおり書いたし・・・・。

ありがとう、「手紙を書け」「こういう文章で書け」と親切なアドバイスを下さったアメリカの皆様。新しい勉強をさせていただきました。

長いものに巻かれなかった顛末」への3件のフィードバック

  1. 大学構内のコインメーターにパーキングしてたら、教授とのインタビューが延長してしまい20分オーバーでチケットくらいました。
    「これこれこういう理由で仕方なく、かくかくしかじか、以上よろしくおねがいします」と、免除のAppealを丁寧に書いたところ、1週間後に返事が来ました。
    「We are sorry to tell you that」から始まり、そんな理由じゃー駐車違反は免れないんだよ!ボケ!と一蹴されました。
    $2500は免除されて$20は免除されないアメリカって。

    いいね

  2. 日本では駐車禁止の取締りが民間に移される。それに伴い、今までのチョークで時間書いてという、悠長なシステムは終わる。駐車違反を見つけたら、即デジカメで証拠写真を取り、罰金を払わされる。ここでもデジタル化か!って感じですが、取締り業者に嘆願書を書く人がいっぱい出てきそうな予感。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中