ペット用血糖値計

肥満になると糖尿病になりやすくなるのは、人間だけではない。犬や猫も同じ。犬200匹のうち1匹(頭?)、猫400匹のうち1匹が糖尿病の可能性があるんだそう。

ということで、Abbottが今月発売開始したのが、ペット用血糖値計AlphaTRAK。

しかし、これ、人間用と何がどう違うのか。ということで、Abbott社のニュースリリースを見てみる。

どうも、こんな感じらしい:

血糖値は、通常測った結果でインシュリン投与の要否を決めることが多い。(健康管理的に使われることもあるが)その際の基準値は、大規模な検査機器(ラボテスト)による測定値。この手の機器は血液中の血漿だけを使って検査する。が、普通患者が自分でテストする際に使うのは全血(普通の血)。

人間では、全血の血糖値+12%=血漿の血糖値の割合、と決まっているので、簡単に変換可能。(赤血球カウントが平均値からずれている場合、補正の必要はあるが)

ところが、この割合が犬・猫では人間と大きくずれているため、人間用の血糖値計を使うと、結果が低く出すぎる傾向があった。これを補正したのがAlphaTRAK。(原理、間違ってたら教えてください。)

しかし、人間とペットが違う、ということは、犬と猫も随分違うのではないか。犬モードと猫モードがあるのでしょうか。大型犬モードなどもあるのか。こちらも、ご存知の方がいたら教えてください。興味津々。

ちなみに、Business Weekの記事によれば、AlphaTRAKのお値段は、本体80ドル、テスト用ストリップ(消耗品)が1ドル。毎日3回テストしたら消耗品だけで月90ドル超。年間1000ドル超。一日1回とし
ても年間365ドル。結構します。

***

医療機器は人間でテストする前は動物実験するものなので、きっと犬なんかもテストしていたはず。そういう意味では、別に技術的には何も珍しいことはない
が、「ペットの血糖値を測る市場がある」と見極めたマーケティング力に依存した新製品なのでありましょう。ペットの臓器移植もある国ならでは。

以前書いたとおり、ペット医療ビジネスは190億ドル市場でNIHの総予算に匹敵する大市場。全米でペットとして飼われている犬・猫の数は1億6300万匹。一家で犬・猫を複数飼っているうちもたくさんある。ということで、無視できない市場なのでありました。

ペット用血糖値計」への2件のフィードバック

  1. ペットビジネスといえば、JICA絡みでベトナムの病院に行った時、
    日本のペットフード年間消費額はベトナムの国家医療予算よりはるかに多い、
    って話を聞いて考えさせられたことを思い出しました
    動物の病気には詳しくありませんが
    ペットの糖尿病(人間でいう2型糖尿病)って、ほとんど飼い主の責任では???
    ガンガン食べさせて、太らせたあげく糖尿病→インスリンってのは感心しません
    人間も同じようなもんですが

    いいね

  2. >ペットの糖尿病(人間でいう2型糖尿病)って、ほとんど飼い主の責任では
    耳が痛いです、しくしくしく。。。
    うーん、それほど食べさせているわけではないのに、なぜうちの猫1はどんどん太っていくのか。二匹飼っているんですが、もう猫2は全然太りません。えさを減らすと、猫1が猫2のえさを奪って食べている模様。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中