超装甲リンカーンと塊魂

先月号のBusiness2.0の記事Do You Need a Thicker Skin?

命を狙われる可能性がある人向けに装備された防弾車のお話。

「チームで襲撃、タイヤを撃って動けなくした後、マシンガンを乱射してガソリンタンクを爆発させ、フロントガラスや屋根など、弱めのところを狙って、雨あられのように銃撃してくる暗殺者」というのを想定して作られているそう。至近距離で爆弾が炸裂しても大丈夫だそうです。

売りは、後から改造して強化した車と違って、まるで普通のリンカーンと変らず、見た目が地味なこと。でも、強化ガラスの厚みは4センチもあって、ドアは一つ当たり130キロ近い。タイヤはパンクしたまま走行可能。

いわく、

Here’s what your assassin is most likely to do: If he’s acting with a team, they will try to block the Town Car’s path and box you into a “kill zone.” They will shoot out your tires. They will pepper your vehicle’s rear underside with rounds, attempting to explode the fuel tank, and spray the front grille, hoping to pierce the engine block. The primary shooter will concentrate fire at the far edge of the front windshield — typically a weak spot on many armored cars. If one of the attackers has sufficient elevation, he will try to blast through the roof, again aiming at structural joints. Always, the shooters will focus round after round into the same bullet hole, hoping to crater away steel and glass until a piece of lead worms into the cabin and begins striking flesh.

こんな襲撃も2005 Lincoln Town Car Ballistic Protection Series(リンカーンタウンカー・防弾シリーズとでも訳すのか・・・)があれば大丈夫、ということです。

Fordでは、150台を米国国内で、同じく150台をラテンアメリカ・中近東などに輸出する計画だとか・・・。

これを読んだ日、ついでにプレーステーション2で塊魂をしてから寝た。塊魂は、周り中のものを巻き込んで、どんどん大きな塊をつくる、というゲーム。最初は画鋲とか消しゴムとかしか巻き込めないが、最後は、ゴジラ、ネッシー、高層ビル、竜巻、球場、島なども巻き込めるようになる。シンプルだけど快感。

そうしたら、「襲撃+塊魂」な夢を見た。私は警察・軍隊総動員で追われ、絶対壊れない黒いリンカーンに乗って逃げている。ガンガンといろいろなものにぶつかりながら、どんどん突き進む。道行く人も片っ端から轢いていく。同じ道をぐるぐると回っていて、新しいラウンドになるたびに、いろいろなものがなくなってがらんとした風景になっていく、という夢。西武新宿線の駅が中心地でした。怖かったし、長い夢なので疲れました。

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中