誰でも却下される可能性があるアメリカの就労ビザ

アメリカの就労ビザは非常に難しい。アメリカで事業をする際の最初の難関が「ビザ」である。特に「新しいことをアメリカで始める」場合の難易度は非常に高い。これまで何百人と駐在員を送っている会社でも、従来と違う任務の人を送る場合は同じことが言える。

これについては何度も書いているのだが、甘く見て大変な思いをしている人が私の周囲だけでも後を絶たない。私の周囲の人が私のブログを読んでいないだけかもしれないが、読んでもイマイチ自分は関係ないと思っている可能性もあるので、もう一度書きます。心しておくべきことは

就労ビザは出ることもあれば出ないこともある

ということ。何十億円アメリカに投資しようと、日本の会社に何兆円売上があろうと、どれほどアメリカの事業に真剣であっても、本人がどんなに高学歴でも、出ないときは出ないのである。

続きを読む

アメリカで働くためのビザのまとめ

アメリカの就労ビザに関して結構質問がくるので、これまで書き散らかしたブログエントリーをまとめました。

「読むの面倒くさいから、ビザが取れる確度の高い方法だけ教えて」という人のためににまとめると

  • 普通に就職したい場合→留学からOPTビザという「お試しビザ」を取り、そこから普通のH1B等の就労ビザに移行する
  • 起業したい場合→日本で資金調達してE2ビザ(投資家ビザ)を取得
  • 仕事したくないけどお金はある場合→50万ドル投資してEB-5というグリーンカードを取得

もちろん他の方法もあります。なお、当方移民法弁護士ではなく、いずれも経験・伝聞に基づくもの。これを元にある程度見当をつけたら、必ず移民法弁護士に相談して下さい。

続きを読む