デスクトップサーチ

12月15日の日経産業に掲載いただいたコラムです。デスクトップサーチのお話。私もGoogle Desktop使っていますが、かなり気に入っています。。。というと、マックユーザーに「今頃何を言っている」と笑われるんですけどね。

なお、本文内にはありませんが、SunのLooking Glassは、
ファイルや、デスクトップ上のウィンドウを全てビジュアルに扱う、というもの。よくSFで、3D構造の映像や、机そのものがコンピュータ画面になってい
て、そこに映し出されているものを手で動かすことで、プログラムやファイルを操作する、というものがありますがああいう感じです。(Johnny MnemonicとかIslandとか・・・どっちもB級ですな)。開発者の川原さんにはJTPAで10月にセミナーをしてもらいましたが、それに先立ってCupertinoの天仁茗茶という御茶屋でパールミルクティーを飲みながら、延々と居座ってデモを見せてもらいました。おお、William Glbson!と結構感動。

Looking Glassでは、さらに、ロシアの心理学者、LuriaのThe Mind of a Mnemonist
いうのも思い出しました。一度覚えたことは決して忘れない実在の超人的新聞記者「S」についての10年以上にわたる研究を本にしたもの。Sは、全ての事
象をビジュアル化することで記憶。複雑な物語も、「お城」のような壮大な構造を心の中につくり、その中にいろいろな色・形のモノを並べることで記憶。思い出すときは、心の中のお城の中を歩きながら、見えてくるものを順番にたどる、というやり方で、何年たってもディテールの隅々まで明確に思
い出せる、という逸話があったと記憶しております。

Amazonの書評をみたら、読者のコメントにこんなのがありました。

Any veteran of multiple courses on memory including that given by Harry
Lorayne will immediately recognize the methods and the power of the
systems discussed in this book. The visual images that work the best
are large, colored, unusual, in motion, violent, and linked to material
already known.

「Sに限らず、視覚化することで覚えるのが記憶法として有効なのは立証されている。特に有効なのは、大きい、カラー、変わっている、動いている、暴力的、見覚えがある、といった特徴のビジュアル・イメージ。」ということ。真偽はともかく、そうかなぁ、という気は大いにします。

ということで、言葉での検索も有効ですが、Looking Glassのように、ビジュアルにファイルのカタチが見えるようになると、忘れっぽくて整理整頓が苦手な私のコンピュータライフがもう少し楽になるかも。

では本文です。

***********

コンピューターのデータ管理の世界で、劇的な変化が起こっている。利用者が最初にデータを保存する際、きちんと構造化するという従来のやり方から、どんなデータも一緒にしておいてから後で必要なときに必要なデータを探し出す、という新しい手法へのシフトである。

コンピュータの初心者の多くは「ファイルとディレクトリーの構造」に頭をひねるのではないだろうか。「コンピュータの中にツリー構造のディレクトリーが何階層もあり、そのどこかにファイルという形式でデータが保存される」というのが基本概念だ。これが理解できずに万年初心者、というユーザーも多い。

この結果、デジタルカメラで撮った写真をハードディスクにコピーすることができず、どんどんメモリーカードを買い増したり、一回ごとに現像に出しては全てデータを消去したり、という経験のある人もいるはずだ。多くの場合、「コピー」という操作自体がわからないのではなく、コピー元とコピー先の位置関係が把握できないのが原因だ。

初心者が理解に苦しむ背景には、そもそもツリー構造のディレクトリーという概念が直感的でないことがある。新しいデータ管理は、インターネットの検索エンジンの手法に着目。ネット上にある無数のデータは検索エンジンで瞬時に探し出せるようになったが、これと同様のやり方を個々の端末にも応用しようという試みだ。

端末の中の全てのデータを容易に検索できる仕組みは「デスクトップサーチ」と呼ばれる。この分野ではグーグルやヤフー、マイクロソフトなどのソフト大手が無料でダウンロードできる専用ソフトを提供している。新興企業のブリンクス(カリフォルニア州)がマルチメディア検索まで可能にする技術を開発するなど、多くの企業が参戦している。

アップルコンピュータは「マックOS X10・4」の検索エンジンに自社開発の検索エンジン「スポットライト」を組み込み、完成度の高さで評判を呼んだ。これに負けじと、マイクロソフトも高度な検索エンジン「WinFS」の開発を進めている。

たかが検索、されど検索。検索が直感的で非常に速ければ、ユーザーの作業効率は劇的に向上する。

例えば電子メール。ほんの数年前には過去に受信した電子メールを探す検索のために五分程度かかったが、専用ソフトを選べば一―二秒で探し出せるようになった。写真や音声、プレゼンテーション、書類まで、全てのデータが瞬時に検索できるようになれば、仕事の効率が向上するのは間違いない。

デスクトップ検索には、膨大な利益の源泉となるインターネット検索での覇権もかかっている。検索結果には個人の端末の中身に加え、ネット上の情報も表示できるようになっているものが多いからだ。

優れたデスクトップ検索が提供できれば、インターネットの検索市場も制する道が開ける。デスクトップ検索は、使う側だけでなく、提供する側にとっても大きな魅力ある市場になりつつある。

デスクトップサーチ」への8件のフィードバック

  1. > 私もGoogle Desktop使っていますが、かなり気に入っています。。。
    私は3日で削除しました。なんかデータ取られそうで・・・。
    > きちんと構造化するという従来のやり方から、どんなデータも一緒にしておいてから後で必要なときに必要なデータを探し出す
    捉え方がうまいですね。構造でなく、あとで自由に取り出すという説明に納得です。
    > The Mind of a Mnemonist
    渡辺さんの視点がクールですね。
    視覚化の重要性は漠然と感じてはいるんですが、
    改めて重要だなあと気づかされました。
    早速買って読んでみます。

    いいね

  2. こんばんは。ビジュアル化の記憶術に感心しました。ピーター・フランクルや母親も同じようなことを言っていたので、なんとなくは知っていましたが。
     記憶と言えば、英単語の記憶もこのビジュアル化が使えるかも知れませんね。
    追伸、先生が英語は語彙の多い言語だと言うのですが、みなさんはどう思いますか?

    いいね

  3. Takenori Sato-san,
    >3日で削除しました。なんかデータ取られそうで・・・。
    私の座右の銘は
    「他人に盗まれるリスクより、自分がなくす危険の方がずっと高い」
    情けないことに、データに限らず、全てにおいてこれが行動規範となっております。まぁ、これは、あまりにボーっとしていることによる不注意が多すぎて、子供のころ親に「博士様」とあざけられた私だけに言えることだと思いますが・・。ということで、とりあえず信じて使っております;-)
    ぶらぶら-san,
    聞いた話では教養ある英語を母国語とする人の語彙は10万語。多いのは確かだとは思うんですが、果たして日本語と比べても多いのかは不明です。いろいろな言語から流入した言葉が多いから英語は語彙が多い、ということなんですが、それをいうなら日本語も中国語からオランダ語からドイツ語に英語に・・といろいろ流入してますよね。誰か、「教養ある日本人の平均的語彙数」を知っている人がいたら教えてください。

    いいね

  4. http://www.kecl.ntt.co.jp/icl/mtg/goitokusei/goi-test.html
    に知っている語彙数の推定を行う試験があります。全部知っていると答えると67800語と出るので、これが語彙数に近い数字かもしれません。だとすれば日本語の方が語彙数は少ないのではないでしょうか。このテストの判定のページに、
    小学生レベル: 5千~2万語
    中学生レベル: 2万~4万語
    高校生レベル: 4万~4万5千語
    大学生レベル: 4万5千~5万語
    とありますね。
    (社会人を何年もやっているのに大学生レベルからあまり進歩していない私です orz)
    Google Desktopがどの程度安全か定量的には判りませんが世界中で沢山の人が使っていて問題が起きていないのであればかなり安全といえますね。Google Desktopでの心配よりも、知らない間に大きな木馬を招き入れてしまって、データをこっそり盗まれる可能性の方が高いと思います。心配しだしたらネットにつなげなくなってしまいますね。呼吸をすると毒を吸い込むかもしれないという心配をしても意味無いと思いましょうか(ちょと例えに無理がありすぎ)。Winnyでの事件はちょっと違いますが後を絶たずに続きますね。

    いいね

  5. はじめまして。アルファブロガーの本で存在を知って、拝見させて頂いています。(個人サイトからもリンクさせて頂きました。)今年もご活躍を楽しみにさせて頂いております。ではでは。

    いいね

  6. giveme5x2-san,
    ふーむ、日本語の語彙は英語の半分??ちょっとクヤシイ・・・。
    ちなみに、MicrosoftはWindowsのセキュリティホールをいつもボコボコに叩かれていますが、ちょっとかわいそうな気もします。「窓を壊して泥棒が入ったら、窓を作った会社が悪い」と言っているみたいなもんですよねぇ。。悪いのは泥棒なのに。
    Dora-san,
    こんにちはー。今後ともよろしくお願いします。

    いいね

  7. デジヴォの効果をレビュー|英単語を速聴で覚える

    『デジヴォって何が特徴なの?』と聞かれたら、私はきっとこう答えます。『それは、好きな内容を録音出来る所だよ!』それは、とても大切なことです。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中