CIA保険

先週ラジオを聴いていたら、「CIAがエージェントに保険を買うように勧めている」というハナシがあった。海外で違法行為を伴うスパイ活動をしてつかまった際、アメリカ国家は「そんなやつ知らん」という可能性がある。そのときもちろん、弁護士費用など、危機から脱出するための費用を国は払ってくれない。そういう費用は、保険でカバーしましょう、というもの。

ひどい事なかれ主義ではあるが、情報が筒抜けになる社会で諜報活動を行うことがいかに難しいということか。CNNもインターネットもなかった時代は、海外
でのスパイ活動の失敗を糊塗することもできたかもしれないが、最近はすぐばれてしまう。だから、国もおちおち助けられない。・・・・それとも、古きよき時
代のスパイは、つかまったら自己責任、と全ての罪を一人で負うのが当たり前だったのか(弁護士を雇う前に、歯に仕込んだ青酸カリで自殺、と
か?)。

CIAといえば、イタリアで違法な誘拐をしたのがばれて問題になったが、その際、
普通のイタリアの携帯電話を使って誘拐関係の会話をしていたようで、それが証拠になってしまった。とほほ。が、その顛末の報道によれば、5つ星ホテルで15万ドル
使い、その後北イタリアにバケーションに行く、という、Mission Impossibleのトムクルーズみたいな生活だった模様。いざ捕まったときに助けてもらえないのであれば、これくらいおいしい事でもなければ、やっていけないですなぁ。

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中