暴力を振るう可能性のあるパートナーを見分ける15項目

朝刊に殺人事件の話が。27歳の中国からの留学生が、不動産ディベロッパーを刺殺、その後ベランダに出て何度も自分を刺して失血で気を失っているところを発見され一命を取り留めている。彼女は、同じ不動産ディベロッパー氏を今年の1月にも襲撃しており、去年の3月には別の男性をナイフで切りつけて逮捕されている。

どうも、付き合っている(または自分が付き合っていると思い込んだ)相手との仲が上手くいかなくなると、逆上して刃物を持ち出す人のようだ。去年の3月に襲われた男性は留学中の日本人で、いわく「On the day of the attack, Yang(犯人) tried several times to get Ogi(男性) to talk to her by claiming she was thinking about suicide. Ogi ignored her. Later Ogi walked to his car. She burst out of the bushes, yelling in Japanese that she was going to kill him.」とのこと。

日本語で「I am going to kill you」という意味の言葉を叫んで飛びかかっとあるが、(コロシテヤル、か?)もしこのためだけに日本語のセリフを覚えたとしたら恐ろしい。大変恐ろしい。そうでなくても恐ろしいが。

こういう恐ろしいこともあるので、付き合う相手は気をつけて選びましょう。(気をつけていても、逃れられない不運もあるとは思うが、気をつけるに越したことはない。)このリンク先に「精神的または肉体的暴力を振るうようになる可能性の高いパートナーを見分ける15のポイント」があります。これまで3人の日本人女性にこのリンクを教えたところ、「前の彼氏が8個当てはまった」「ダンナが13個当てはまっている」という意見と、「リストの内容はひどいことばかり。複数項目が当てはまるパートナーと付き合っている人がいること自体ショック」という意見でした。リストは基本的に女性が男性を見分けるためのもののようですが、逆でも使えると思います。心配な方はごらんあれ。

暴力を振るう可能性のあるパートナーを見分ける15項目」への9件のフィードバック

  1. ぜんぜん心配はないんですが、相手ではなく自分が当てはまってたらどうしようかと心配になったので一応確認してみました…ら、どんなに悪意を持って考えてみても、ひとつも自分には当てはまらなかったのでホッ。
    これなら安心して女房にも勧められます。よかった。

    いいね

  2. 8のhypersensitivityは自分に当てはまっているかもしれません。
    他人の悪意や侮蔑に対し過敏なところがあると思います。(
    たとえ褒められても、褒めることで上に立とうとする相手の意図を感じ取って反発したり)
    いまのところ、暴力に訴えたことも暴言を吐いたこともないのですが、口論の相手を気絶しかけるほど怒らせたことは何度もあります。

    いいね

  3. Sudden mood swings: 今泣いたカラスがもう笑た、は女性の自分に当てはまります。一度だけ暴力的な方向へ振れましたが、実行できなかったなあ。私の殺気を感じて逃げてくれたから。
    おお、書いていて自分が怖くなりましたよ。つるかめつるかめ。

    いいね

  4. 今日、テレビ番組で北朝鮮の公開処刑の映像が流れました。撮影者は決死の覚悟でやり遂げていました。 場所は中国との国境近くの会寧(フェリョン)と遊仙(ユソン)という所でした。生々しかったです。驚いたのは、そのビデオの信憑性を検証するために国境向かいの中国の人達に話を聞いている映像で、「ああ、確かに処刑があったね。市場であったんだと思うよ。」ってさらっと言ってたことです。日常茶飯事?? chikaさん、どうでしょう?こういうの。 ノーコメントとかおっしゃらずに。(ちなみに僕は松本智津夫だけはありかなって・・・。) 一応暴力関連ってことで。

    いいね

  5. ふーむ、皆さん自分のことを考えてしまわれるようですね。えらいなぁ。私なんか、「うちのダンナは一つも当てはまらないよ」とは思いましたが、自分のことなんて考えませんでした。
    masahiro-san,
    1996年にインドのボンベイの郊外の国立公園に行ったときのこと、小学生の集団が制服を着て、二人ずつ手をつないで歩いていました。遠足、ですね。そのすぐ横に普通のワイシャツとズボンをはいた男性がばったりとうつむきに倒れて死んでいました。(もしかしたら、まだ死んでいなかったかもしれませんが)何より驚いたのは、そのすぐ2メートルほど横を、子供たちがキャッキャとはしゃぎながら、男性の死体には目もくれずに歩いていくこと。
    道端で人が死んでいるくらいあまりに日常茶飯事、ということなのでしょうか。
    そのとき思ったのは「インド人もびっくり」という昔のカレーのテレビコマーシャルのキャッチコピー。インド人は、とにかく何があっても動じないので、彼らが驚くというのは並大抵のことではないんだなぁ、と。カレーのコピーを考えた人は偉かった・・。
    というのでは、コメントとして軽すぎると思われる場合は、散文的に以下思いついたことです。
    1)ルワンダ大虐殺 (参考:「We Wish to Inform You That Tomorrow We Will be Killed With Our Families」http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0312243359
    2)ちなみに、アメリカも死刑が許可されている州では、公開処刑あります。大体電気椅子ですが、ガラスの壁で仕切られた「観覧席」があって、限られた数の人たちではありますが、死刑の瞬間を間近で見ることができます。死刑囚が犯した犯罪で家族を殺された人、報道関係者など・・・。
    3)そういう遠くのことを見なくても、日本の死刑。
    日本の死刑囚は、家族との連絡も許されず、死刑の朝突然「今日です」と告げられ、一人で死んでいくとか。しかし、実際に死刑になるまでには何十年もかかることもあるということ(去年のEconomistの9月号の受け売りですが)。毎日毎日「今日か今日か」と思いながら、待ち続けるのはまさに地獄。個人的には公開処刑でもいいからさっさとやって欲しい、という気がしますが。実際そうなったら違うのかな?
    という訳で、人間というのは残酷なものです。

    いいね

  6. 日本の優れた経営者である、伊藤忠商事の丹羽宇一朗会長の最近作「人は仕事で磨かれる」文芸春秋社、¥1300を読んでいます。同氏によれば。「家庭や学校では、まず始めに行動規範、すなわち儒教の五常(仁・義・礼・智・信)を教えなければいけない。朝起きたらおはようございますという挨拶をかわすこと。それらを教える前に、英語や読み書きソロバンなど知識を詰め込む教育は、大間違いである。こうした自覚と責任のある社員を育てる必要があるという考えから、私は(青山フォーラム」という熟を開くことにした。」正に、同感です。なお、渡辺さんのブログは、毎回面白く読んでいます。

    いいね

  7. インドに行った友人はガンジス川で白人(と思しき)バックパッカーが仰向けに流れてるのを目撃したと言ってました。千賀さんもインド行ったんですか・・・僕には無理です・・・。「インド人もビックリ」のフレーズ、意味が分かった気がしましたw

    いいね

  8. ずっと前にTIMEで読んだのですが、ビルマのMONGRAとかいう地区はドラッグバロンによる専制下にあり、道端で私兵による処刑が行なわれていて、雲南省あたりから来る中国人観光客に受けているそうです。
    中国のシンセンでは、小学生に銃殺刑の見学が義務付けられているそうですね。

    いいね

  9. 家庭内暴力に関するチェックリスト(追補・誤訳指摘募集中)

     オレンジニュースを見ていたら、そんなものを見つけたのでメモしておきます。全文訳は著作権のみならず、私の拙い英語力がそれを許しませんので、要点のみ。
     つーか、1と8は�…

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中