webやぎの目 死ぬかと思った

久しぶりに読んで笑った。死ぬかと思った体験投稿サイト、その名も「死ぬかと思った」

前、成田からサンフランシスコに帰ってくるとき、成田の本屋で、このサイトの投稿を集めた本を買って、ユナイテッドのラウンジで物静かに読んでいたのだが、途中でこらえられずに、声を上げて笑ってしまった。それ以降、悶絶しそうになりながら笑いをこらえて読んだ。

冗談で笑うには、ふかーい文化的バックグランド理解と共感が重要なので、アメリカのジョークって腹を抱えるほど面白いと感じられるものが非常に限られているのである。その点、「死ぬかと思った」は素直に笑える。前買った本も、1年くらい放置してまた読むと、知ってても笑える。

下のような投稿が連続して載っているのであります。

母が私を踏んで逃げた

中学2年の3月、うちが引越しした。
家の荷物を全て運び出した後、私の部屋の畳を2枚同時に上げると、畳の下には冬眠中らしきカメムシがびっしり。
その場にいた全員(4~5人)が絶叫し、われ先にと部屋を出ようとしてドアに殺到、私はドアの前でコントのようにけつまずき、みんなにふみつぶされ圧死寸前。
母も私を踏んで逃げた。
すべてがスローモーションに見えた。
死ぬかと思った。

みき 27歳

webやぎの目 死ぬかと思った」への11件のフィードバック

  1. ちと趣は違いますが
    ↓こんなサイトも有りますなhttp://grayscape.org/shinitai/
    まったく風流ですなぁ

    いいね

  2. 私は「ハトまみれにさせられる」という投稿が印象に残っています。
    投稿者が公園を歩いていたら、変なおじさんにハトのエサを投げつけられ、ヒッチコックの「鳥」状態に...
    コートのフードにまでハトが入っていたというのがしみじみとおかしかったです。

    いいね

  3. 言いまつがい→悶絶しないようにしないと。
    死にたい→つい、「船酔いの3段活用:死にそう→死にたい→殺して」を思い出してしまいました。私は3段まで行った事あります。
    ハトの→覚えてマス。うら若き乙女が「このクソジジー、なにすんだよー」とか怒鳴って逃げるやつですね♪
    あー、しかし。「死ぬかと思った話」をいくつかダンナとアメリカ人の知人約1名にしてみたが、全然受けません。判で押したようにダメ。
    「おとーさんのワイシャツの襟に口紅つけておいて置いたら両親が離婚届を出しそうになった」
    という話なんて、「それは大変だ」と深刻な顔をされちゃう始末。
    ちなみに、カメムシ話は、カメムシの英語名もわからないし、そもそも「臭くなる変な虫」なんていうものがいるかどうかもわからないので、話す気力もありません。カリフォルニアでは「セミ」すらほとんどの人が知らないしな。とほほ。ジョークは国境を越えられるのか・・・。

    いいね

  4. 『言いまつがい』(http://www.1101.com/iimatugai_book/)もネットで読めますね。「その1」から今は「その350」くらいまで……しんどいかも。
    「ヤギの眼」、よく考えたら「電車男」他よりずっと前のネット本の始祖かも、他に何かあったかな。ストーリーはないですが。
    そういえば『今週妻が浮気します』(http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=763621&rev=1)は男女間で受け方に差があるなあ。知り合いの30代既婚女性に読んでもらったら「重い」「ポジティブじゃない」「ありきたり」「読み終わったら気持ち悪かった」と散々でした。

    いいね

  5. >>馬糞ってあたたかい
    これは他人事ではないです・・・私は牛糞の中に頭から落ちたことがあります・・ミミズがうねうね動いてて今でも軽くトラウマですよ(笑)
    映画見てても日本人も笑えるジョークとそうでないものありますよね。気のきいたジョークってどんなものを言うんでしょうか?多くの人に共感を呼ぶ笑いってホント難しい。

    いいね

  6. 面白すぎ

    渡辺千賀さんのブログのwebやぎの目 死ぬかと思ったで
    死ぬかと思ったを知った。
    千賀さんは本で購入されたそうですが、サイトでも充分に面白い。
    確かに日本人でなければ判らな�…

    いいね

  7. zoffy-san,
    「今週妻が浮気します」も本になったみたいですね。リンク先ちょっと読み始めてみましたが、
    「妻に携帯電話を持たせたのも、仕事をさせたのも失敗でした」
    という夫氏の発言のところで、「携帯電話って持たせてもらうもんかい?仕事ってさせてもらうもんかい?ひえー」と私の読解機能がシャットダウンしましたゆえNo Commentです。。。
    でもZoffyさんってほんとーに物知りですね。
    てっく-san,
    明解さん!!ですね。愛してます♪「桃=果物。美味しい」みたいなすごい主観的な記述に笑った思い出が。
    blue-san,
    私はCalistogaで「マッドバス」に入りましたが、どろどろの泥にカイバ上の干草がばらばら入って、それが温泉の異臭を発する様は、まさに馬糞。きょえー、でした。気持ちよかったけど。

    いいね

  8. 安全都市シドニー

    シドニーは世界でも安全都市の部類に入る。事件の発生率も少なく、殺人事件も殆どない。殺人事件といえば数ヶ月前に日本人のワーホリが人を殺したという事件くらいでその後日本人に対して多少厳しい行政処置がとられはじめたという記憶くらいしか無い。実際一年生活していて…

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中