低予算パクリ映画専門プロダクション

「低予算でパクリ映画を作る」というプロダクションがある。はやりそうな映画そっくりのタイトルで、似たようなストーリーの映画を作り、その映画のDVDが出る頃にぶつけてDVDをリリースするのであった。そういう、「パクリ映画」のことをmockbusterと呼ぶらしい。mock=模倣する。それに大流行映画、という意味のblockbusterをかけてmockbuster。

時々テレビで放映されていて、

「あ、あの有名な映画?」

と思って見ると、異様にちゃちで、

「あれ、こんなボロい映画だったんだ」

と思ってしまったりするのだが、そういうのはたいていこの手のプロダクションが作っている。The Asylumというのが代表的なプロダクションで、そのラインナップたるや:

  • Transmorphers (Transformersのパクリ)
  • Dragon (Eragonのパクリ)
  • Alien vs. Hunter (Aliens vs. Predator のパクリ)
  • The Day the Earth Stopped (The Day the Earth Stood Stillのパクリ)

まだまだいっぱいある。WikipediaのThe Asylumのエントリーを参照あれ。

The Asylum、元は、「普通に低予算映画を作って映画館で上映せず直接DVDでリリースする」、というビジネスモデルで1997年に起業したが泣かず飛ばず。しかし2005年にH. G. WellsのThe War of the Worldを原作にした映画を作ったら、突然ビデオレンタルのブロックバスターから10万本のオーダーが来てびっくり。

なぜかと思ったら、偶然同じ頃にスピルバーグが同じ本を原作に作ったトムクルーズ主演の映画がリリースされていたのであった。つまり、間違い。

そこで、The Asylumの人たちは

「おお、これだ!」

と膝を打った・・・・かどうかは知らないが、その後は「パクリ映画」一本で今日に至る。

というわけで、今日の教訓は「ビジネスモデルは臨機応変に」だ。(うそ。The Asylumの話は本当です。)

低予算パクリ映画専門プロダクション」への4件のフィードバック

  1. 専門プロダクションじゃないですが、日本でも「日本沈没」といっしょに、「日本以外全部沈没」をやって話題になってましたよね。

    いいね

  2. とりあえず、映画館で隠し撮りしてDVDに焼いて売る手合いよりは志が高い、と思っておきましょう(笑)。
    (最近日本でも、館内撮影の取り締まりが強化されています。さすがに売る奴は居なくて、ネットにアップするだけのようですが)

    いいね

  3. ジャックブラックとモスデフの映画、Be Kind Rewindがまさにこういった内容でした。すごく良い映画なんでオススメです。

    いいね

  4. chikaです。
    日本以外全部沈没はアートですよ~!映画は見てないですが、原作読みました。でも、私は同じ本に入ってるヒノマル酒場が好きw
    Be Kind Rewindはよいレビューで見たいなーと思いつつまだ見ていません。Tivo君にお伺いを立ててみたいと思います。
    昨日はAsylumによるiRobotのパクリ映画、iΩがTivoに録画されてました。アメリカ版料理の鉄人の司会の人が主役だった・・・・。w

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中