Nanoってなんナノ・・・・

なんだかオヤジくさいダジャレタイトルであるが、ここ1年ほどのナノテクの将来性のあおりかたはひどいなぁ、という感慨を込めたもの。

例えばですね、Venture Reporterというところが去年の9月に出したInvesting Nanotechnology Startups between May 1, 2001 and Sept. 30, 2002というレポートがある。695ドルで買えるのだが、買うべからず。

ナノテクのベンチャーで増資を受けた会社のリストと、そうした会社の地理的分布、アプリケーション、増資ステージなどの集計結果なのだが、その多くがナノテクの会社ではないのだ。どうしてこんなことが、、、というくらいいい加減な会社の羅列である。50社ほどの「ナノテクベンチャー」のうち、本当にナノテクなのは半分もない。

例えば、かなりの会社はMEMS関連だ。MEMSはMicro Electro-mechanical Systemの略で、超小さいデバイス。車のエアバッグを起動させるための加速度計なんかによく使われているものだが、マイクロっていうくらいだから、スケールは小さいといってもマイクロレベル。ナノとは桁が違う。うーむ、、、このレポートを書いた人は、ナノというのが、mili, micro, nano, picoという順で1000分の一になっていく単位の一つであることを知っているのだろうか・・・。

しかし、まぁ、MEMS系はその上で動き回る物質の単位がナノレベル・ピコレベルのこともあるので百歩譲ってナノテクだとしよう。

しかし、MEMS以外にも例えばNanoMuscleという会社もリストに含まれているのだが、この会社のホームページのトップに行っただけで、これがナノテクでないことは一目瞭然である。圧電素子を使ったアクチュエータを作っている会社だが、そのデバイスは長さが27ミリもある。単に名前にナノがつくだけである。これがナノテクだったら、私という人間だって構成単位は分子だからナノテクだ。ということは私が「自分への投資」とか言ってエステに行ったらそれはナノテク投資なのか。

もっとひどいのではVordelという会社。ウェブサービスのセキュリティーの会社。ソフトウェアである。何がどうナノテクなのかどう頭をひねっても理由がわからない。

まぁ、しかし、世の中というのはえてしていい加減なものである。こういういい加減なレポートを元に「おお、ナノテクに7億ドル近い資金が流れ込んでいる」などというまことしやかな噂が流れ、それを元に大企業がナノテクに莫大な資金投下をする戦略を立ててしまったりして、それを元に本当にナノテクの時代がやってきたりしてしまったりすることもないとはいえない。

とはいうものの、やはり情報のユーザーとしては全て疑ってかかり、何事も自分の目できちんと検証するのが大切、というのが教訓でしょうか。

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中