Orkut

Googleのネットワーキングサービス、Orkutにご招待してもらっていたのだが、やっと自分のプロファイルを入れてメンバーになりました。やたらと時間がかかってしまった。プロファイルもさることながら、誰か知り合いがメンバーにいないかな、とか、共通の趣味やらバックグランドを持つCommunityには何があるのかな、とか、つらつらと見ていたら、あっという間に時間がたってしまった。ふー。

ちなみに、San Jose Mercury Newsの今朝の朝刊のVC numbers are looking up for the valleyによれば、Orcutへの招待がebayで売られているらしい。記事には5.5ドルとある。ホンマか・・・とebayでorkutと検索してみたら16件出てきた。

売り込み文はこんな感じである

Here’s your chance to join Google’s latest elite social networking service – Orkut. Orkut was quietly released earlier this week and membership is only available via invitation. Simply purchase this auction, pay for it with paypal, and I will invite you to join the service. You don’t even have to add me as a friend. All you need is an invitation and you’re in!

Orkut is just like Friendster, but a lot more advanced. The profiles are more in depth and the system moves a lot quicker! Join now for a super-low account number and to get a prime username! Orkut is going to be huge, so join now to become a piece of its history and get bragging rights for being there in the beginning!

うーん、歴史に参加しよう、とまで言うか。。。バブルしているなぁ。ちなみにこの人は2.25ドル払ったら即座に商談成立、となっている。記事の5.5ドルから、Orkut相場は暴落中?っていうか、金払って入れてもらうのはかっこ悪いぞやっぱり。

eBayには、「Orkut Karma Ratings売ります」なんてのもある。

Orkutでは、友達が相手を「クール、信頼できる、セクシー」などの切り口で「採点」できるようになっている。さらに超ステキ!という友達に関しては「Fan」になるというチョイスもある。前者は無記名で、採点された相手には誰が採点したかわからない。Fanの方はわかる。そして、ある人がどんな風に友達から評価されているか(クール・信頼・セクシー・ファン)は、誰でも見ることができる。

無記名で知り合いが自分を評価してきて、その合計点が衆人の目に触れるというのは、なんともシリコンバレー的発想。シリコンバレーで仕事をしていると、客だろうが、ベンダーだろうが上司だろうが部下だろうが、いつ何時立場が変わるか分からない。「レイオフされたら、昔の部下から就職先を紹介された」なんて話もよく聞く。仕入先の会社(つまり自分がバイヤーだから、日本的には偉い)に転職する、なんてケースも大いにある。だから、いつでも誰にでもきちんと対応せねばならん。きちんと対応する人は、それが回りまわって、あちこちで評価されるようになる。Orkutは、それをシステム的に導入した、という感じなのである。

eBayに話を戻すと、Orkut Karma Rating売ります、はセクシーなお姉さんの写真つきで、「あなたにステキなレーティングをしちゃうわよ」というシロモノ。7日間のリスティングで後1日ちょっとしか残っていないが、誰もビッドしていない。

そうだよねぇ。eBayで金を払って「Coolな人です」なんて評価してもらって、それがもしばれたら、単なるさらし者である。昔、さえない高校生の男の子が、学校で一番人気のチアリーダーの女の子に金を払って付き合っているふりをしてもらう、という映画があった。みんなが2人をカップルだと思っている間は、突然男はヒーローなのだが、実は金で買ったということが判明した途端、不人気の奈落の底に落ちるというストーリー。eBayで人気を買うのは、それよりさらに格好悪いぞ。

さて、Orkutに限らずこうしたsocial networkingサービスが盛んになりつつあるが、この結果として将来「普通の人セレブリティ」がボコボコ登場するのではなかろうか。略して「普セレ」としよう。今でも普セレは「雑誌の読者モデル」みたいな感じで存在するが、それがさらに小粒になって、あちこちに誕生する。例えばOrkutでセクシーランキング一番、とか。で、普セレのみならず、普セレと直接リンクしているも、それだけで、顔パスで入れちゃう店があったり。そして、普セレが身につけるもの、口にするもの、遊ぶ場所、にはスポンサーが付くようになる。テレビで何億円も出してCMを流すより、彼ら・彼女らに身につけてもらった方がずっと単価あたり影響力が大きいからだ。

さらに、セクシーだけじゃなくて、仕事でも何でも、とにかく「小粒な格好いい普セレ」がバラバラと分散して登場。

普セレには、スポンサー料がバサバサと入ってくる、というようなこともあるかも。「 911 ターボに乗って頂けたら500万円払います」とポルシェが申し出てくる、とか。。しかし、普セレの地位を保つのは非常に大変だ。「芸能事務所に所属して血のにじむような特訓」というような関門がないため、後から後から、怒涛のように新しい世代が流入し、競争は激しいので。殆どの普セレはあっという間にタダの人になってしまう。

そういう世の中になると、消費者向けグッズを売る企業側は、「今旬の普セレ」を探すために、血のにじむような努力をするようになるであろう。で、そういうときに、インターネット丸ごと意味出しエンジン、Web Fountainなんかが効を奏するのでありましょう。

以上、「風が吹けば桶屋が儲かる予測」でした。

Orkut」への14件のフィードバック

  1. 「紹介します」すでに販売中

    アメリカeBayではすでにOrkutへの招待が売られているそうだ。
    Chika WatanabeさんのOn Off Beyond:「Orkut」によると、5.5ドルで販売中という話。
    日本ではこれからどうなるか楽しみです~、…

    いいね

  2. 一日が経ち、Cool(アイスキューブ)とTrusty(にこちゃんマーク)が私のKarma評価に登場したのだが、やはり誰もSexyとは言ってくれんのだな・・・。うーむ。(Orkut Friendsの皆様:別にSexyと入れろと脅迫しているわけではありませんので、あしからず、Coolとにこちゃんありがとうございました)

    いいね

  3. add as a friendする時に,1度confirmが欲しいのは私だけでしょうか。
    昨日Chikaさんを発見して,うわーいと喜んでいたら間違ってadd as a friend。
    急いでお詫びのメールを書きました。
    でも返信をくださったので,密かに感激していました。
    これも1クリックのおかげ!?
    書きなれない英語のメールを書いて,ヨタヨタとorkutを巡回していたら,今度は大学の先輩の奥さんを間違ってadd as a frinedしそうになったり。。。
    でも,リードオンリーだった私がここにコメントするのも,間違いなく1クリックのおかげだったり。

    いいね

  4. あ、confirm確かにありますよね。私も友人の名前を探したらあったので、add as a friendした後、はっと「もしかして別人だったらどうしよう」と。というのも、その友人は名前だけしか登録しておらず、profileの中身がなかったので。結構アメリカ人って、金太郎飴みたいに同じ名前の人が多いので、一瞬あせりましたが、結果的には本当に私の知人でしたけど。
    今度ともコメント宜しくお願いしますね。楽しみにしています。
    ちなみにOrkut今朝起きたらセクシーレーティングが付いていました。私のコメントを読んで渋々セクシーマークをつけてくださった方がいたとしたら、ありがとうございました。レーティングは、ebayで買うのと、「セクシーレーティングをつけろ」とblogで言うの、どっちがかっこ悪いんでしょうね。

    いいね

  5. blogでは初めてコメントさせていただきます。こんばんわ。
    (小心者なもので他人様のお宅にお邪魔するのは緊張してしまいまして…)
    「普セレ」というコンセプトに深く頷きつつ、イキオイ余ってTrackbackまでしてしまいました。
    Orkutのレーティング、確かに日本では「人のは見たいけど自分のは見せたくない」みたいな人が多くて揉めそうな気がする機能ですね。

    いいね

  6. はじめまして。藤沢在住のなほこです。
    orcutのトピックをトラックバックさせていただきました。
    Orcutについて検索したところ千佳さんのページがでました。WEBLOGの内容の豊富さにまたチョコチョコお邪魔させていただきたいとおもっています。どうぞよろしくお願いします。

    いいね

  7. Orkut

    chika watanabe: Orkut Orkut¤Ã¤ÆÇäÇ㤵¤ì¤Æ¤ë¤ó¤Ç¤¹¤Í¡£ºÇ¶á¡¢¤ªÍ¶¤¤¤ò¼õ¤±¤ÆÅÐÏ¿¤·¤¿¤Ð¤«¤ê¤Ç¤¹¡£¤Ê¤ó¤À¤«¤è¤¯Ê¬¤«¤é¤Ê¤¤¤±¤ì¤É¤ä¤±¤Ë¥×¥é¥¤¥Ù¡¼¥È¤Ê¤³¤È¤òÅÐÏ¿¤¹¤ë¹àÌܤ¬¤¢¤ë¤Î¤ÇÌÜŪ¤Ê¤É¤è¤¯Ê¬¤«¤é¤Ê¤¤´¶¤¸¤Ç¡©¡©¡©¡©¡© ¤Ê¤ó¤À¤«ÌÌÇò¤¤¤³¤È¤¬µ¯¤³¤ë¤Î¤«¤·¤é?¡Öͧã¤ÎÍ…

    いいね

  8. Chikaさん(&みなさん?)、こんにちは!あ~「ちなみにOrkut今朝起きたらセクシーレーティングが付いていました」は、なんとなく私ってば12日にすべてに3つつけて差し上げたのが原因かも。:-) … Orkutのレーティング的な発想って、実は「PageRank(TM)」の「FolkRank版」と思えてならないですネ。セレブな人は「それなりに社会的なポジションを考慮して」人を評価するだろうし(それに、何百人も評価しないでしょ?)、Rankが低い人がいくら評価しようが「バック」にあるシステム的にとってみれば全く無価値なんじゃあないかな … その方が、「Society」的には健全でしょう… まあ、「ページ」を「人」に置き換えれば、なんらGoogleと変わる事は無いし。あと、大体、「海外の男性との接点が少ない」人が「海外の女性との接点が異様に多い」とちょっと<おかしい>とか思っちゃうよなぁ、とか … (笑) … やっぱり<密かに>考察する方が楽しかったりしますネ。
    あ、そうそう。ソーシャルな考察。「依頼で」招待差し上げた人は悉く「顔を隠し」ますネ。やはり、そういう人は「誰かに依頼しなければ入れない(招待してもらえない)」ようなこそこそっとした人だったりするのでしょう。意外に面白い結果が出たなぁ、と思ってます。:-) … 勿論、徐々にフレンドリストからはずしてます。はい(大体、顔が見えない人の「FRIEND PING」なんて誰が信用するのだろう。密かに謎だ…)。

    いいね

  9. Everybody’s definition of “friend” is different. There are some people who have hundreds of friends through Orkut. I believe they are not his/her friends but just “people who he/she knows.”
    Orkut should work as a social networking tool. So I tried experimenting this function. I checked out friends of my friend and found some interesting people there. Then I asked my “friend” to introduce me his friend. His response was “I don’t know him well.”
    I wrote in my scrap book something like this, “if you are inviting me to your network, you need to introduce one of your friends to me.”

    いいね

  10. Orkutではなく、LinkedInについて追加報告。
    ちょっとした知り合いから「最近LinkedInを始めたんだけど」というinvitationが来て、彼のprofileを確認したら既に200人以上のネットワークが。
    「すごいね、私は怠け者だからだめだなぁ・・・・」とメールしたらこんな返事が来ました。
    it’s OK — I cheat.
    I network a ton, and lots of people eamil me. I went through and
    pulled out the latest 20k emails over the last 6 months sent to me,
    then cross referenced against linkedin membership, and sent invites to
    them all.
    2万件のメール全部とlinkedinのメンバーを参照して、重なってる人全員にinviteを送ってると。エライ。とてもまねできません。
    ちなみに彼はMITのバイオ系PhDで、今SRIで働いている人です。
    (このコメント、本当はLinkeInについて書いたエントリーに書きたかったのですが、見つけられなかった。オーナー自身が見つけられないようじゃ、仕方ないですね)

    いいね

  11. Orcut sounds like great fun and a good way of making new friends (or “friends”..).
    An invite would be much appreciated. :o)
    Thanks,
    Mrs Vogue
    London

    いいね

  12. orkutのinviteメールを送ってもらえませんか。日本ではなかなか見つかりません。お願いします。

    いいね

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中