暗号通貨勉強会:7-8月資金調達米国ベンチャー

Photo by Markus Winkler on Unsplash

7-8月に$10M以上資金調達した米国のブロックチェーン系ベンチャーの中から「ブロックチェーン活用モバイル送金」と「暗号通貨をインセンティブに使うIoT用無線ネットワーク」の二つを紹介します。最後にこれ以外で資金調達したベンチャーの一覧もつけておきます。

ブロックチェーン活用モバイル送金

モバイル送金では、7月にValoraが$20M、8月にMobileCoinが$66M、TBCASoftが$25Mを調達した。

ValoraはCeloをベースとした送金システムで2月にローンチ。電話番号だけで世界の相手に送金が可能で、7月までに100カ国で20万人がサインアップ、MAUが5万3千人となった。

MobileCoinは2017年創業、プライバシーチャットのSignalのファウンダーが当初からテクニカルアドバイザーとなっており、4月からSignal上での英国内での送金に利用可能。Coinbase VenturesやAlameda Research (FTXファウンダーのSam Bankman-Friedのクオンツ・ファンド)からも出資を受けている。

TBCASoftは国際的なモバイルキャリアに対してブロックチェーンベースでの相互送金システムを提供、ソフトバンク、スプリント、 LGU+など18社が加盟するコンソーシアムを形成している。今回の増資はソフトバンクとネイバーフィナンシャルから。

暗号通貨をインセンティブとするIoT無線ネットワークHelium

Heliumは2013年創業、2019年に無線IoTネットワークをローンチした。誰でもHeliumのホットスポット機器を買ってコネクションを提供でき、それによって独自コインのHeliumが「マイン」できる。コンセンサスはProof-of-Coverageで、ワイヤレスはIoT向けのロングレンジ・ロースループットのLoRaWAN方式を利用。今年の夏には世界で17万ホットスポットがあり、IoT機器側は簡単な電池で半年〜1年持ち、年間の通信費は1ドル程度。8月にICOで$111MをAndreessen Horowitz、Alameda Research等から調達。

その他の7-8月に$10M以上調達した米国ベンチャー

取引所・レンディング

  • FTX Exchange 取引所 $900M
  • FalconX 機関投資家向け取引所 $210M
  • Parallel Finance Defiレンディング $22M
  • Shipyard Software 複数アセットAMMのDEXのClipper運営 $21M
  • TrueFi Defiレンディング $13M
  • Connext EVMクロスチェーン取引 $12M

NFT

  • OpenSea NFTマーケットプレース $100M
  • MakersPlace Beepleの$69.3Mアートオークションが行われたデジタルアートマーケットプレース$30M

その他

  • Fireblocks MPCウォレットと機関投資家向け暗号通貨取引インフラ。顧客500社、うち70の銀行と銀行業務ブロックチェーンプラットフォーム化を企画中 $310M
  • Offchain Lab (Arbitrum) セカンドレイヤーArbitrum開発 $100M
  • Prime Trust 暗号通貨取引API $64M
  • CertiK ブロックチェーンのセキュリティ監査 $61M
  • Core Scientific ビットコインマイニングとブロックチェーンホスティング $54M (SPAC合併で$4.3Bの企業価値で上場予定 )
  • Figment 暗号通貨ステーキング、ミドルウェア、アプリケーションレイヤーソリューション $50M
  • Specright サプライチェーン用スペック管理ブロックチェーン $33M
  • Messari 暗号通貨市況インテリジェンス $21M
  • XMTP クリプトネイティブ通信プロトコル $20M
  • Metrika ブロックチェーンモニタリング $18M
  • Blocknative Mempoolエクスプローラ $12M
  • SIMBA Chain リアル・デジタルアセット取引用ブロックチェーンアプリ構築プラットフォーム $12M
  • Anchain.ai AML、SecOps、スマートコントラクト監査、NFT構築プラットフォーム $10M
  • InfStones パブリックブロックチェーンでのノード・スマートコントラクト運用管理 $10M

この内容について話し合ったClubhouseの暗号通貨勉強会の録音は、下記ポッドキャストCrypticの19回目にアップしてあります。

20. Coinbaseハックとビットコインの未来 Cryptic

最近発表されたCoinbaseの6000口座ハッキングと、新規発行がなくなりトランザクションフィーだけになった時のビットコインのセキュリティについて話しました。内容をまとめたブログは下記にあります。 https://chikawatanabe.com/2021/10/08/coinbase_hack/ 参加者 東京 近藤 シンガポール 西村 シリコンバレー 渡辺  
  1. 20. Coinbaseハックとビットコインの未来
  2. 19. ブロックチェーンを使ったモバイル送金・IoTネットワーク
  3. 18. ハードフォーク
  4. 17. オンチェーンにオフチェーン情報をフィードするオラクルについて
  5. 16. DeFiの基本概念の整理ーAMM・イールドファーミング・リクイディティマイニング

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中